>  >  > さんまもハマったAV女優紗倉まなの闇

「14歳でAV女優を志した」さんまもハマったAV女優・紗倉まなが抱える闇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
sakuramana_01_150121.jpg
『高専生だった私が出会った世界でたった一つの天職』(宝島社)

「妹キャラ」「ロリフェイス」で絶大な人気を誇るAV女優・紗倉まな。バカリズム、宮川大輔、おぎやはぎの小木ら芸人にもファンが多いことで知られる紗倉が、自伝的エッセイ『高専生だった私が出会った世界でたった一つの天職』(宝島社)を出版し話題を呼んでいる。

 紗倉は高専(高等専門学校)在学中の2012年にAVデビュー、一躍トップ人気に。今やAVだけにとどまらず、『ゴッドタン』(テレビ東京)の名物企画「キス我慢選手権」をはじめとするテレビ出演や、トヨタ運営のサイトでコラム執筆など、幅広い活躍を見せている。

 しかし、なんといってもその名を知らしめたのは13年10月18日発売の「フライデー」に明石家さんまと密会デートが報じられたことだろう。さんまはもともと紗倉ファンをテレビでも公言していたが、紗倉との密会をタイミングよく撮られたことで、「ハニートラップ」と言い訳。「売名行為」との批判が紗倉に向けられた一件でもあった。

 そんな紗倉の自伝エッセイ。そこにはデビューに至るまでの心境、親バレなどAV業界の内情も描かれ、確かに紗倉らしい独自の不思議ワールドが広がっている。

 まずはAV女優になったきっかけだが、これもちょっと変わっている。紗倉がAV女優を志したのはなんと紗倉がまだ14歳のとき。父の書斎にこっそりまぎれていたAVを視て、その存在を初めて知り、同時に「AV女優になりたい」と思ったという。

「初めての映像…AVに、私は思わず見入ってしまいました。
 男性と女性が絡み合っている映像は、不思議なことにとてもキレイに見えました。普通の感覚で観てみれば、「お父さん、いやらしい」なんて嫌悪感を抱いたりするのかもしれません。でも私は、「女性の体って、こんなにキレイなんだ…」と、感動してしまったんです」
「アダルトビデオの中の女優さんが、スポットライトをあてられているように輝いて見えたのです」

 紗倉のなかにAV女優の存在が深く刻み込まれ、「憧れの職業」であり「輝くべき選択肢の一つ」だと思うようになったという。

 紗倉はその後工業系の高専に進み、知り合った一回り年上の男性との初Hを体験する。だが紗倉にとってそれは「あまり印象にのこっていません」という意外なものだった。

「アダルトビデオで見たセックスはとてもキレイで芸術的だったのに……。自分が体験したセックスには、思い描いていた美しさは何もない。ショックでした」

 初体験のショックから、より一層AV女優に憧れ、「裸になって自分を表現したい」という気持ちを強く持つようになった紗倉。実際その行動は早かった。AV女優になれる18歳の誕生日の翌日には、ネットで見つけたAV事務所にメールをして面接を受けるべく上京するのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

高専生だった私が出会った世界でたった一つの天職

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 厚切りジェイソンが日本のお笑い批判!
2 国有地不正取得の学校と安倍の蜜月証拠
3 石原慎太郎を増長させたメディアの責任
4 読売・清水アナが維新から市長選出馬?
5 金正男暗殺映像にテレビ局が数百万円
6 木村拓哉帰国でJがトンデモ情報操作
7 安倍が「云々」を「でんでん」と読み恥
8 ジャニーズでSMAPとキスマイいじめ!
9 安倍晋三小学校問題を報道しないテレビ
10 宮根が能年玲奈を「ルール違反」と攻撃
11 故・松田優作の在日差別への恐れ
12 共謀罪で法務省がテレ朝玉川の取材拒否
13 ロンブー亮の芸能タブーツイートと松本
14 『めちゃイケ』にジャニーズの圧力
15 新海誠に川村元気が「気持ち悪いです」
16 国有地疑惑の愛国小学校と安倍の関係
17 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
18 石原都知事時代の贅沢三昧は舛添以上
19 翼がSMAP解散でメリーと滝沢を批判
20 豊洲問題で石原慎太郎が言い訳手記!
PR
PR
1「安倍晋三記念小学校」は安倍も了承
2安倍晋三小学校問題を報道しないテレビ
3保育所で国旗と国歌強制する安倍のバカ
4「おしどりマコ」の原発取材
5稲田が憲法違反隠すため嘘ついたと白状
6国有地疑惑の愛国小学校と安倍の関係
7共謀罪で法務省がテレ朝玉川の取材拒否
8安倍トランプ会談を絶賛ワイドショー
9安倍はトランプにFTAを要求されてた
10稲田の憲法蹂躙発言に国会前抗議デモ
11山崎まさよしの憲法9条の歌とは?
12安倍とトランプが反マスコミで意気投合
13南スーダン日報の隠蔽に稲田も加担
14室井佑月が山口二郎と語る野党の闘い方
15ゴルフめぐり安倍とトランプ嘘つき合戦
16国有地不正取得の学校と安倍の蜜月証拠
17米山新潟知事が語った共謀罪と原発
18安倍もうひとりの祖父の物語
19厚切りジェイソンが“日本スゴい”批判
20アパ代表「ユダヤ陰謀論」
PR
PR

人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」