収入、家族への思い…AV男優が抱えるリアルとは? マツコの勧めで始めた男優も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
avdanyu_01_150111.jpg
『「AV男優」という職業 セックス・サイボーグたちの真実』(角川文庫)
    

 AV女優のアイドル化が定着した昨今、業界関係者によると、年々AV女優志望者が急増し、「昔はこちらからスカウトするほうが多かったけど、最近は面接に来る女の子が多く、レベルが高くなってきたので受かるのは3割程度」(プロダクション関係者)だという。

 蒼井そらに見る世界規模の人気や、紗倉まなが“世界のTOYOTA”のサイトでコラムの連載を開始したりと、羽振りがいい話題ばかりが聞こえてくる。

 一方の男優界はどうか。2013年にレジェンド・加藤鷹の引退がニュースになったくらいで、特筆すべき話題はない。というか、そもそも情報がないのである。

 そんなベールに包まれたAV男優の生態を、徹底したインタビューで掘り下げた『「AV男優」という職業 セックス・サイボーグたちの真実』(水野スミレ/角川文庫)には、冒頭から驚きの事実が。

「女優一万人に対し、男優70人である。月産四千五百本に対して、70人である」

 なんと、これだけ多くのAVがあふれている日本において、男優はたったの70人しかいないというのだ。だから「売れている男優ほど、ものすごいペースでセックスし続ける」ことになり、「最高で1ヶ月に72現場」(阿川陽志)という驚異的な数をこなす男優もいる。

 筆者もかつて、男優数人に取材を申し込んだところ、そのほとんどが「今日は2現場あるので、移動時間に電話取材でいいですか?」と言われたことがあるのだが、そういうことだったのかと納得。

 そこで気になるのはギャランティだ。それほどの仕事量でどれだけ稼げるのかといえば、「1本につき2万円から6万円」で、「プロ男優たちは、キャリア、人気度によって前後するが、一現場5万円が標準的な相場」だ。なお、カラミのない汁男優は、「1回の射精で千円から1万円。不発の場合はギャラなし」というから、プロと汁の差は歴然だ。

 ちなみに加藤鷹は「今も昔も5万円」と言うが、最盛期に1千万円だった制作費が現在で100万前後まで下がり、比例して女優費もスタッフの人件費も激減しているなか、「男優のギャラだけは30年間キープされている」ことの象徴だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

「AV男優」という職業 セックス・サイボーグたちの真実 (角川文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

収入、家族への思い…AV男優が抱えるリアルとは? マツコの勧めで始めた男優も のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。マツコ・デラックス加藤鷹性教育羽屋川ふみ裏側の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
5 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
10 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
13 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
19 財務次官セクハラが海外メディアでも
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
20 財務次官セクハラが海外メディアでも