『マッサン』苦戦の原因?敵役サントリーが雑誌に「取り上げるな」と圧力説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
massan_141027.jpg
低視聴率の裏にはサントリーの横やりが…?(画像はNHK連続テレビ小説『マッサン』NHKオンラインより)


 視聴率の落ち込みが注目されている、連続テレビ小説『マッサン』(NHK)。第8週で週間平均視聴率が『あまちゃん』『ごちそうさん』『花子とアン』と続いていた20%台をはじめて割り(関東地区、ビデオリサーチ調べ)、先週放送の第11週では17.7%と最低視聴率を記録。「朝ドラ快進撃もついに終わりか」と囁かれている。

 だが、じつはドラマ本体とは関係のないところでも、『マッサン』は窮地に立たされていた。それは、大企業・サントリーからの“横やり”だ。

『マッサン』は、ニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝と、彼の妻リタをモデルにした物語。政孝=亀山政春を玉山鉄二が、リタ=エリーをシャーロット・ケイト・フォックスが演じており、さらに政春を支え、後にライバルとなる鴨居商店の主・鴨居欣次郎役として堤真一が出演。この鴨居欣次郎のモデルというのが鳥井信治郎で、サントリーの創業者なのである。

 ドラマでは現在、鴨居のもとで政春がウイスキー蒸留所の試験を行っているが、これが現在もサントリーが操業する山崎蒸留所である。が、ドラマではいわずもがな、物語の山場は鴨居商店退職後に北海道・余市で大日本果汁(後のニッカウヰスキー)を起こすことにある。実際、『マッサン』効果でニッカの「竹鶴」「余市」などのウイスキーは大幅に売り上げを伸ばし、「竹鶴」にいたっては9月の時点で前年同月比62%増という驚異の数字を叩きだしている。

 当然、このドラマ効果がおもしろくないのはサントリーだ。サントリーには日本で最初のウイスキーをつくった会社という自負があるだけでなく、鳥居と竹鶴には確執があったともいわれており、ライバル関係を超えた対立がある。そのためか、サントリーは出版社に対して“ある通達”を行っていたというのだ。

「サントリーからの通達というのは、“『マッサン』のあやかり企画を記事としてやらないように”という内容でした。『あまちゃん』しかり、『花子とアン』しかり、これまで週刊誌をはじめとする雑誌では高視聴率を獲得する朝ドラに乗っかっていろんな企画を立ててきましたから、それをやめろと言っているわけです。その通達は宣伝部を通して編集部にも伝えられたのですが、サントリーといえば一大出稿主。いくらドラマネタをやりたくても、相手が相手だけに、さすがに編集サイドも手を出せません。他社の編集者からも“例の通達、来た?”と聞かれたほどなので、サントリーはきっとかなり手を回していると思いますよ」(雑誌編集者)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

『マッサン』苦戦の原因?敵役サントリーが雑誌に「取り上げるな」と圧力説のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サニーうどん圧力朝ドラの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
2 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
3 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
4 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
14 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 原発広告に文化人や芸能人が
17 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
18 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
19 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
20 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画