林真理子が百田尚樹『殉愛』をタブーにする週刊誌を批判!「朝日を叩く資格なし」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
bunshun_01_141204.jpg
「週刊文春」12月11日号(文藝春秋)

 ネットではこれだけ盛り上がっているのに、マスコミではテレビ、新聞、雑誌ほぼ全てが沈黙を続けている百田尚樹『殉愛』騒動。今更ながら、作家タブー、バーニングタブーにひれふすマスコミのだらしなさを思いしらされたかたちだが、しかし、この状況に意外なところから批判の声が上がった。

「このまま知らん顔していようかと思ったが、やはり書かずにはいられない」

 本日12月4日発売の「週刊文春」(12月11月号/文藝春秋)でこう切り出したのは、あの大御所作家・林真理子。林は同誌の連載コラム「夜ふけのなわとび」で、メディアがこの問題を報道しないことに違和感を表明し、「週刊文春」も含めた週刊誌を「これで朝日新聞のことを叩く資格があるのか」と徹底批判したのだ。

 もともと林は『殉愛』を発売後すぐに読んで、「とても面白かった」と評価していたらしい。ところが、編集者にこの献身妻が実はイタリア人と重婚の疑いがあると教えられ、調べてみたらネットで大騒ぎになっている。ちょうど、未亡人が夫の闘病記を出した事をきっかけに事件が起きるという新聞小説を連載中だったこともあり、林は真相を知りたいと思った。そして、きっと週刊誌が解決してくれるだろうと信じた。

 しかし1カ月近く経っても、どの週刊誌も一行も報じない。たかじんの娘が名誉を傷つけられたと出版差し止めの提訴をしたが、テレビも週刊誌も報じない。こうした事態に林は思う。

「ものすごい不気味さを感じるのである。この言論統制は何なんだ!」

 そして林の批判の矛先は週刊誌に向っていく。

「大手の芸能事務所に言われたとおりのことしかしない、テレビのワイドショーなんかとっくに見限っている。けれど週刊誌の使命は、こうしたものをきちんと報道することでしょう」

 それができないていたらくに林はこう嘆く。

「意地悪が売りものの週刊新潮もワイドの記事にすらしない(百田氏の連載が終わったばかり)。週刊文春も一行も書かない(近いうちに百田氏の連載が始まるらしい)」
「あと講談社が版元の週刊現代は言わずもがなである。週刊ポストも知らん顔。こういうネタが大好きな女性週刊誌もなぜか全く無視。大きな力が働いているのかと思う異様さだ」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

夜ふけのなわとび (文春文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 オザケン父と息子の鋭すぎる権力批判
2 「週刊女性」が「共謀罪」を大特集
3 玉川徹に自民議員が共謀罪の正体を
4 エイベックス役員がグラドルに強姦未遂
5 室井「安倍を倒せ」に山本太郎の答えは
6 中川俊直不倫醜聞は自民党の体質に原因
7 今村復興相がまた記者の質問を打ち切り
8 コンビニの弁当、スナックに潜む恐怖
9 森友国有地取引で財務省主導の証拠が
10 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
11 キノコや筍を採るだけで共謀罪
12 秋篠宮家の料理番がブラック告発
13 浅田真央引退会見のNGワード
14 安倍政権が関東大震災・朝鮮人虐殺を
15 「学芸員はがん」発言は安倍政権の本質
16 グッディ!土田マジギレ真の原因
17 ペギー葉山が遺した安倍政権批判の言葉
18 武田鉄矢の原発擁護論のデタラメ
19 死刑確定、木嶋佳苗被告の本心とは?
20 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
PR
PR
1自民が森友追及され逆ギレ強行採決
2玉川徹に自民議員が共謀罪の正体を
3今村復興大臣を激高させた記者が告白
4室井佑月が山本太郎に迫る!(前編)
5ペギー葉山が遺した安倍政権批判の言葉
6安倍が北朝鮮危機煽りつつ桜を見る会
7キノコや筍を採るだけで共謀罪
8オザケン父と息子の鋭すぎる権力批判
9シリア攻撃を支持した安倍の支離滅裂!
10森友国有地取引で財務省主導の証拠が
11加計学園総帥が「首相の後ろ盾ある」
12安倍政権が関東大震災・朝鮮人虐殺を
13「週刊女性」が「共謀罪」を大特集
14「共謀罪」にアジカン後藤らが反対の声
15北朝鮮危機の最中に安倍はフィットネス
16 高畑勲が安倍を止められない苦悩を吐露
17有村治子議員がNHKに言いがかり
18安倍政権が中学校に戦中の殺人教育導入
19三回忌を迎えた愛川欽也を偲ぶ!
20室井「安倍を倒せ」に山本太郎の答えは
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」