こじらせ高齢処女のリアルな悩み 見た目も性格も悪くないのになぜモテない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
madamotetenai_141130.jpg
『まだモテてないだけ。(恋愛オンチな私の結婚までの道のり)』(カマンベール☆はる坊/KADOKAWA/メディアファクトリー)

 見た目もかわいらしく、性格もいい。でも、なぜかモテない。──みなさんのまわりにも、そんな女性がいるのではないだろうか。あるいは、「どうしてあの子に彼氏がいて、私には彼氏ができないんだろう?」と悩んでいる人もいるかもしれない。

 だが、大きな問題は「自分は悪くないはずなのに……」という自己認識にあるらしい。メイクもオシャレもがんばっているし、性格だって悪くない、なのに20代半ばまでまったくモテなかったという著者による『まだモテてないだけ。(恋愛オンチな私の結婚までの道のり)』(カマンベール☆はる坊/KADOKAWA/メディアファクトリー)から、その理由を紹介しよう。

 そもそも、彼氏がいる人がいない人に対してよく口にする「普通にできるよー」を、真に受けてはいけない。著者いわく「普通に彼氏できるとか自然にできるはウソ」。このように人から言われるタイプは、なまじ見た目が悪くないため、友だちの言葉を信じ、自分から何か行動をしたり、自分を変えようとは思わない。そのせいで、自分のどこがダメなのかを把握できないらしい。しかも、男は向こうから寄ってくるものだと考えており、相手にもらうことばかりで与える気がない。実際、著者も予備校時代の先輩に「どうして私彼氏ができないの!!」と質問し、「何もしないからだろ」とツッコまれている。

 さらに、著者は焦ってとりあえず気になっている人とデートしてみるのだが、そのデート相手から「お前は人を楽しませようとしてない」と言われてしまう。著者は普段から、女友だちとつるむことが多かったというが、そこにも大きな問題があったのだ。というのも、女子同士の会話だと、ある程度好き勝手に話をしていても、「○○ちゃんおもしろーい」と相手が盛り上げてくれることも多い。そのためずっと気づかなかったのだが、著者は「愛想笑いをしたり自分から会話に乗ることがまったくできないタイプ」だったのだ。別にぶりっ子を演じてまで媚びる必要はないが、一緒にいて楽しめる人がいいと思うのは、異性、同性にかかわらず同じ。こういったことに気づいて自分を見つめなおせるかどうかが、まずモテる人に変わる第一歩なのだという。

 また、“なぜかモテない人”には、ある共通点がある。それは、いまいち現実の男性をちゃんと見れていない、ということだ。現在放送中の人気ドラマ『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系)で、綾瀬はるかが演じている主人公の花笑もそうだが、高齢処女となってしまうこじらせ女子は、かつて好きだった人やアイドル、2次元キャラなど、空想や思い出の中だけで満足してしまうため、いざ現実の男性を前にしても、付き合うということを具体的に意識できない。著者も例に漏れず、高校時代はL’Arc-en-Cielのhydeのことしか考えておらず、「クラスメートの男?いるみたいだけど今はhydeしか見えな~い」と、現実世界の男には1ミリたりとも目を向けない状態だったという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

まだモテてないだけ。 (恋愛オンチな私の結婚までの道のり)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

こじらせ高齢処女のリアルな悩み 見た目も性格も悪くないのになぜモテない? のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。モテ島原らんの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 自民党がテレビを恫喝しネトウヨ煽動!
2 安倍首相が日報問題でも口封じ人事!
3 長谷川豊の自己責任論こそ維新の正体!
4 安倍が拉致被害者に「北朝鮮に戻れ」と
5 山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
6 ノーべル賞ICAN の足を引っ張る安倍
7 加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
8 小学8年生の安倍伝記漫画が反日と炎上
9 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
10 安倍「妻は籠池さんに騙された」と言い逃れ
11 櫻井翔『先に生まれた〜』は維新礼賛?
12 総選挙直後に加計獣医学部を認可の情報
13 自民党がネトサポに他党叩きを指南
14 昭恵氏に新たな口利き疑惑 オカルトの影も
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 安倍、森友加計問題の説明する気なし
17 大手メディア衆院選情勢調査の結果は
18 田崎史郎のトンデモ安倍擁護に玉川徹が
19 民主解党論の裏にジャパンハンドラー
20 高江ヘリ事故に安倍首相「功績」アピール
1山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
2安倍、森友加計問題の説明する気なし
3マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
4原発ゼロは嘘!小池百合子が再稼働容認
5安倍「妻は籠池さんに騙された」と言い逃れ
6高江ヘリ事故に安倍首相「功績」アピール
7田崎史郎のトンデモ安倍擁護に玉川徹が
8見苦しい!安倍首相が無告知ゲリラ街宣
9安倍首相が街頭演説からトンズラ
10 自民党がネトサポに他党叩きを指南
11山本太郎「リベラルをひとりも減らすな」
12原発事故の主犯は安倍、裁判所の判断も
13加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
14小学8年生の安倍伝記漫画が反日と炎上
15希望の党候補に性的関係強要の過去!
16自民党の政権公約の詐欺っぷりがひどい
17ノーべル賞ICAN の足を引っ張る安倍
18安倍首相が日報問題でも口封じ人事!
19希望の党が候補者に党への上納金500万円
20昭恵氏に新たな口利き疑惑 オカルトの影も

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」