オヤジ向けに復活「Hot-Dog PRESS」不変の“マニュアル男”ぶりに唖然

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hotdogpress_01_141111.jpg
「Hot-Dog PRESS」(講談社)公式Facebookより


「出会いとH完全攻略マニュアル」「女の子はそのままのキミが好き!」「女のコの本音&実態徹底究明 好きだからHしちゃう!」

 初っ端から「うへぇ」と唸ってしまいそうな文言を並べてしまったが、これは昔、人気を博していた雑誌「Hot-Dog PRESS」(講談社)の特集タイトルである。「そんな雑誌、知らない」という若者に説明すると、1979年に創刊されて2004年に休刊したこの雑誌は、デートからセックスまでとにかくマニュアル化するという得意技をもち、故・ナンシー関には「童貞が書いた童貞のバイブル」と評された、とくにバブル期世代にもてはやされた伝説の“痛い系雑誌”だ。

 じつはこの「Hot-Dog PRESS」(以下、HDP)が今年、10年振りに“スマホ・マガジン”として復活を遂げた。雑誌離れが進む時代に、しかも男子たちの草食化が叫ばれるこの時代に、まさかの復活。一体、誰が読むのだろうかと心配してしまうが、読者ターゲットは「40オヤジ」。そう、かつての読者たちなのである。

 だが、過去のターゲットであった“童貞”たちだって、世間の酸いも甘いも知っている。いまさら何を指南するのかと興味本位で読んでみたのだが……さすがはオレたちのHDP! 童貞マインドは清いままに失われていなかった。

 たとえば、復活第2号目の特集は、「女子のメール&LINEを深読みしよう!」。いわく、「40オヤジに求められているもの、それは女子のメール&LINEの分析&解読能力だ! そしてそれを踏まえた上での勇気ある撤退or進撃を決めるべきなのである」と、オヤジになっても昔さながらの鼻息の荒さだ。

 もちろん、中身も昔と変わらない“ご都合主義”。この企画では、女子から送られてきたメールで自分に気があるかどうかを判定する方法を指南しているのだが、「仕事、体調、気候、花粉症、痛風などなど」を気遣うひと言があれば「かなり有力である」のだそう。「寒いのでご自愛ください」くらいは、目上相手ならだれでも書きそうなものだが、HDP的にはこれは“イケる合図”らしい。……リアリティが感じられるのが「痛風」という具体的すぎる病名だけというのが、なんともいえない。

 また、女子からのメールに「ピンチ」「困ってる」「凹んでる」「落ち込んでる」などの“ネガティブ系センテンス”が入っていれば、「『私を構って欲しい』というアピールなのである」とHDPは断言する。ふつうに考えれば、「ピンチかも。助けて」なんてメールが届けば、それはカモられているだけ。だが、どこまでもめでたいのがHDPの流儀。この調子だから、「温泉、日本酒、ワインなどが話題に出てきたら、もう誘ってあげよう」と、女性からすれば確実に大迷惑な提案までおこなっている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

試みの地平線 伝説復活編 (講談社文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

オヤジ向けに復活「Hot-Dog PRESS」不変の“マニュアル男”ぶりに唖然のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サニーうどん中年雑誌の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
2 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
12 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
13 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
19上念司もケントと同様、加計の客員教授
20セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃