「とくダネ!」小倉に反撃開始!? 菊川怜の“嫌な上司の黙らせ方”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ogura_140908.jpg
フジテレビ オフィシャルサイト 『とくダネ!』番組ページより


 『あさイチ』(NHK)、『スッキリ!!』(日本テレビ系)、『いっぷく!』(TBS系)、『モーニングバード』(テレビ朝日系)と各局がしのぎをけずる朝8時台の情報番組の中で、15年以上の歴史を誇る『とくダネ!』(フジテレビ系)。曜日毎に多彩なコメンテーターを配置し他番組との差別化を図っているが、それとは別に視聴者の静かな楽しみとなっているのは、アンカーを務める小倉智昭と、アシスタント・菊川怜の“静かなバトル”であろう。

 8月29日の放送では、「夏の懺悔 御免の壺2014」という企画のVTRを見た後、自身の懺悔として、菊川が「最近よく小倉さんがオヤジギャグを言うのに、いつも放置してしまってすみません」と、謝罪に見せかけた先制攻撃を仕掛けた。「オヤジギャグ? 言ってないよね」という小倉に、菊川が「言ってますよ」と追い込んだため、小倉は「はい、先行きましょう」と進行を進めざるを得なかった。

 また、脳を活性化するクイズコーナーで競馬問題が出題され、小倉が「競馬のアナウンサーだもん」と正解したことを自慢すると、「実況ですもんね!」と小倉の経歴を引き合いに出し、「サービス問題だ」とピシャリ。これに小倉は無反応で、スタジオはひんやりとした空気に包まれていた。

“女子アナ泣かせ”の異名をとり、菊川の前任である元フジテレビアナウンサーの中野美奈子は小倉との不仲のために番組を降板したとウワサされるなど、アクの強い性格で知られる小倉。菊川にとっては、小倉の嫌味やねちっこい言い方に嫌気が差し、好戦的にならざるを得ないのかもしれない。とはいえ、2人の戦いは他人事ではなく、仕事や友人関係、親戚づきあいでも似たような経験を持った人も多いだろう。だからといって毎回のように言い合いをしたり、嫌味返しをしているのはストレスが溜まるもの。そこで『ムカつく相手を一発で黙らせるオトナの対話術』(バルバラ・ベルクハン著、小川捷子訳/阪急コミュニケーションズ)から、“笑顔で受け流す極意”を学んでみよう。

 まず、一番ラクな手段が「主体的な沈黙」。ただ無視するだけ、という何のエネルギーも必要としない対話術だ。沈黙というと相手に言い負かされたと感じる人もいるだろうが、「発言が宙に浮いてしまうため、いかにつまらないことを言ったかがわかる」と相手に悟らせることができる。言い合いにならないため、無意味なやりとりがなくなり、会話をスムーズに終わらせることができるのも利点。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ムカつく相手を一発で黙らせるオトナの対話術

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

「とくダネ!」小倉に反撃開始!? 菊川怜の“嫌な上司の黙らせ方”のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。フジテレビ江崎理生の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
6 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
7 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
8 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
11 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
12 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
13 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
17 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
18 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
19 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
20 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画