ASKA被告にも役立つ?「媚薬」で合法的キメセクが可能か体験調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
biyaku_01_140828.jpg
『媚薬の検証』(データ・ハウス)

 覚せい剤取締法違反で逮捕されたASKA被告の初公判が開かれ、起訴内容を認めたASKA被告に対し、検察は懲役3年を求めた。だが、オヤジ系メディアがこぞって注目しているのは、むしろ、愛人・栩内香澄美被告の公判だろう。栩内被告が無罪を主張していることもちろんだが、もうひとつ、56歳にして愛人と「ギンギンでビンビン」のセックスを繰り返していたASKAの「キメセク」の実態に興味津々だからだ。

 体力・精力が衰えてきたオヤジたちにとって、どうやら「キメセク」は憧れらしい。とはいえ、覚せい剤の使用は法律違反。一般人が真似することは不可能なのだが、考えてみれば、世間には合法的に「絶倫」や「快感」を得ることができるという触れ込みの薬が山ほど存在している。世に言う「媚薬」である。ひょっとしたら、我々も法律を犯さない範囲でASKAのように「キメセク」をする方法があるのではないか?

 そんな疑問に答えてくれるのが『媚薬の検証』(川口友万/データ・ハウス)。サイエンスライターで、あの「と学会」の会員でもある著者は、「性欲は男の人生なのである」「性欲のない人生なんて、想像もできない」と断言し、そのうえで精力にまつわるさまざまな薬の効用を大真面目に調査・研究している。ちなみに著者は「精力剤」も「媚薬」も、お互いを補完しあう存在だとして特に区別はしていない。

 その“人体実験”は、なかなかに壮絶だ。サソリの唐揚げから始まり、マムシ酒、蟻酒、ニンニク、朝鮮人参と、定番の精力剤とされる食材を片っ端から試していくのだが、漢方や専門料理店をめぐり、漢方店や製薬会社を取材し、専門業者やインターネットを通じて実物を手に入れ、すべて自分の身体で試したという「体当たりデータ」に加え、含まれている成分やその効用といった論理的・化学的な根拠もしっかりと示されており、説得力は抜群だ。

 ネット通販で大量のサソリを取り寄せ、油で揚げてバリバリと食べてみるが、一日2匹を2、3日程度食べたくらいでは即効性がないことにガッカリ。ウナギの200倍の効力といわれるマムシ酒を追っていくうちに、黒焼きと蒸焼きの効能の違いを知り、プラシーボとは思えない「蛇とスッポンは効く」「シマヘビの血を飲んだら一発ですよ」といった証言に納得。伝説のAV監督・村西とおる氏がプロデュースした「ナイ酢ニンニク『村西とおるが作ったパワー酢ニンニク 朝起ちの素』」を購入するも、あまりのニンニク臭さに断念するといった失敗も重ねながら、検証は続いてゆく。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍が朝日の加計学園報道をテロ認定!
2 松本人志が「冤罪あっても」共謀罪支持
3 共謀罪成立で横浜事件の恐怖が再び
4 室井佑月が共産党に「ネトサポつくれ」
5 村上春樹が「歴史修正主義と闘う」宣言
6 木村拓哉帰国でJがトンデモ情報操作
7 室井佑月が共産小池晃と安倍答弁を分析
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 京大の入学式にまで…JASRACの強欲
10 佐野元春が共謀罪反対「治安維持法だ」
11 加計学園疑惑に決定打、安倍側近が圧力
12 共謀罪が衆院委員会で強行採決の暴挙
13 加計学園総帥が「首相の後ろ盾ある」
14 報ステ後藤謙次の安倍批判がキレキレ!
15 秋篠宮家の料理番がブラック告発
16 『夫のちんぽ』著者が抱える恐怖とは
17 生前退位ヒアリングで「天皇はおかしい」
18 共謀罪強行採決を許すな!国会前デモ
19 中居がすべらない話でJのタブーに!
20 スノーデンが警鐘鳴らす日本の監視体制
PR
PR
1報ステ後藤謙次の安倍批判がキレキレ!
2『あさイチ』が基地に苦しむ沖縄を特集!
3共謀罪が衆院委員会で強行採決の暴挙
4加計学園「総理の意向」文書は本物!
5佐野元春が共謀罪反対「治安維持法だ」
6加計学園疑惑に決定打、安倍側近が圧力
7松本人志が「冤罪あっても」共謀罪支持
8 共謀罪に周防監督らも猛反対の声
9安倍の9条加憲は日本会議幹部の発案
10室井佑月が共産小池晃と安倍答弁を分析
11安倍が朝日の加計学園報道をテロ認定!
14ガンダム“生みの親”が安倍首相批判!
15室井佑月が共産党に「ネトサポつくれ」
16水木しげるが50年前に書いた文章が発掘
17安倍の改憲で高等教育無償化はまやかし
19安倍が改憲質疑で「読売を読め」
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」