>  >  > エロマンガ家の意外な日常とは

女性アシスタントのマンガに興奮して…エロマンガ家の意外な日常

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
eronichijou_01_140801.jpg
『まるせい』(少年画報社)

 少年の知的好奇心と股間を刺激し、青年の下心と妄想を膨らまし、おっさんの失った過去を色鮮やかに思い出させる、男の人生にとって、欠かすことのできない「エロマンガ」。だが、その作り手であるエロマンガ家の生態は謎に包まれている。彼らはいったい、どのような日々を過ごし、どんなことを考え、どういったことをしながらあんなヌルグチョエロマンガを描いているのだろうか。

 安い原稿料に微々たる印税、結果ついてまわる貧困。読者からネットなどでボロクソに叩かれる。連載している雑誌が警察にガサ入れされる。出版社が原稿を紛失し、単行本化されない。一般誌の人気作品に対して嫉妬を抱きつつ、「なぜ、自分には描けないのか」と絶望を深める、などなど、きっとその日常は悲惨極まりないはずだ。

 などと想像していたら、そのエロマンガ家の生態を描いているマンガがあると聞いた。『まるせい』(少年画報社)という成人マンガを表す業界用語をタイトルにした作品で、作者は20年以上をエロマンガ家として過ごした、エロマンガ界の古参ともいえる花見沢Q太郎。内容は、本人曰く「62%の事実と46%の絵空事でできています」という。やけに中途半端な数字と、足すと100%を超えるところが気になるが、自伝的な作品で、エロマンガ家の日常がけっこうリアルに描かれているようだ。さっそく読んでみると……。

 なんと、編集者とごはんを食べつつ酒をたしなんでいる描写があるではないか! しかも、すごく和気あいあいとしており、仲が良さげだ。おかしい……マンガ家と編集者は犬猿の仲ではないのか。編集者はマンガ家のケツを叩き、原稿を催促し、ときには作品の引き延ばし、ストーリー・設定の変更を行おうとする存在で、マンガ家はそれに抗いながらも、締切を守らず、編集者に対する不平不満を作品内などでぶちまける、という構図が古くから成り立っているのではなかったか。その代表的なものとして『アラタカンガタリ〜革神語〜』の作者である渡瀬悠宇が作品の方向性をねじ曲げられたと、編集者によるパワハラ被害を告発したという事件もあったではないか。『まるせい』では、そんな醜い対立を微塵も感じさせないどころか、編集者と朝までカラオケにいってたりするのだから、パラレルワールドの出来事なんじゃないかという疑いさえもってしまう。ううむ、これはさっそくのギャップである。

 おっと、同じエロマンガ家同士で親睦を深めている描写もあるではないか。おかしい。エロマンガ家はたったひとり、孤独に黙々とヌレグチョな絵を描き進め、友人なんかももちろんおらず、下手すれば家族にさえも縁を切られているような、そんな人間ではないのか。それなのに『まるせい』では、主人公が同じ雑誌で描くエロマンガ家たちに単行本発売記念パーティーなんか開いてもらっているし、なんだったら、原稿がピンチのときにはエロマンガ家仲間が集まり、全員が一丸となって原稿を描くシーンとかもある。おかしい、こんなの反道徳的なことを描いている人間のすることじゃない。これでは、これではまるで……いや、結論を急ぐのはやめよう。きっと、もっとえげつない、顔を背けたくなるようなドロドロの醜いシーンがあるはずだ。

この記事に関する本・雑誌

まるせい 1巻 (ヤングキングコミックス)

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
2 吹石一恵の音痴エピソード
3 アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
4 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
5 保護なめんなジャンパーは氷山の一角
6 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
7 デマ垂れ流し『ニュース女子』とDHC
8 室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
9 佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
10 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
11 トランプ以前から米は日本を守る気ない
12 今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
13 キムタク最大のタブーとは?
14 北原みのり逮捕の原因は安倍批判?
15 「不倫学」が教える防止策とは?
16 M1準優勝・ハリガネロック解散の真相
17 安倍政権が“国策映画”計画へ
18 室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
19 盛り土で慎太郎の責任にテレビが沈黙
20 嵐の元側近が明かすジャニーズの掟
PR
PR
1室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
2黒柳徹子が琉球新報に平和メッセージ
3室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
4安倍の共謀罪法案強行の裏に危険な意図
5トランプのマスコミ排除は日本でも
7原発ムラが新潟県知事にネガキャン!
8デマ垂れ流し『ニュース女子』とDHC
9アパホテルのトンデモ極右思想の正体
10安倍政権が“国策映画”計画へ
11SUGIZOが難民問題で勇気ある発言
12今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
13メリルストリープの指摘は日本のことだ
14慰安婦少女像は反日の象徴ではなかった
15安倍政権が国民を騙す「偽装改憲計画」
16『日本会議の研究』出版禁止の不当性!
17政権が原発被害隠しにDASH村利用
18アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
19佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
20安倍の慰安婦少女像への強行姿勢の裏
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」