父親の育児放棄で男児が死亡! シングルファザーの深刻な現実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
singlefather_01_140728.jpg
『ひとり親家庭』(岩波新書)

 ネグレクトや虐待による子どもの死亡事件が相次いでいる。6月にも、神奈川県厚木市のアパートで5歳だった男の子の白骨遺体が見つかり、36歳の父親が逮捕された。別の女性との交際を始めた父親は、女性との関係にのめりこみ、滅多に家に帰らず男の子は衰弱、餓死した──。

 2010年にも2人の子供を放置し餓死させた24歳の母親が世間を騒がせたが、今回の特徴は、シングルファザーだったことだ。

 40年前と比べて2倍も増加したシングルマザーは、社会的認知や支援も徐々にではあるが進んでいる。しかし、同じく増加する一方の父子家庭、シングルファザーの実態はほとんど知られてはいない。『ひとり親家庭』(赤石千衣子/岩波新書)によると、シングルファザーはシングルマザーと同様、いやそれ以上に様々な問題を抱えているという。

 意外かもしれないが、もっとも大きいのは経済面だ。シングルファザーの収入は「早い速度で下がり続けて」いる。そこには男社会ならではの問題が存在するのだという。

「シングルファザーは、男性として稼ぎ主になることを期待されているのだが、家庭責任を果たすような働き方が許されず、安定した稼ぎ主の地位から滑りおちていく」

 子どもに合わせた働き方をしようとすれば、残業や転勤は難しくなり、働く時間は減り、給与も下がる。そしてリストラの対象となり、アルバイト扱いに降格される危険性が増大する。

 父子家庭は、両親や親族が子どもの面倒を見てくれ父親は働くイメージがあるが、それも違うという。両親に子どもを預けても高齢の場合は長続きせず、親族との関係も悪化することが多いからだ。

 本書に取り上げられているケースを紹介しよう。登場するのは、妻がネグレクト気味だったため3歳の娘を引き取った男性だ。最終学歴は工業高校卒。当初、自分の母や兄家族と同居していたが、兄の妻の負担が大きくなったことや、育児を母親任せにしてしまうことなどが原因で娘と2人で家を出た。その後は車上生活をし、食品の引き売りをしながら子育てをした。その後、IT系の派遣となったが、月収は20万円ほど。

「外食はほとんどしない。無水鍋で野菜を使って食事づくりも一五分でできてしまう」というが、預貯金はほとんどなく、受験生となった娘の塾代も行政の支援貸付で借りたほどだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

父親の育児放棄で男児が死亡! シングルファザーの深刻な現実のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ひとり親の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
3 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
7 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
10 麻生太郎が愛人の店に2360万円
11 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
12 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
13 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 財務次官セクハラが海外メディアでも
17 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
18 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
19 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20 財務次官セクハラが海外メディアでも