なぜマレーシア航空ばかりが…機体が消えたもうひとつの事件の謎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
malaysia_01_140719.jpg
『マレーシア航空機はなぜ消えた』(講談社)

 日本時間17日23時15分、マレーシア航空17便が墜落したとの速報が流れた。239名の乗客を乗せたマレーシア航空370便が消息をたってから、わずか4ヶ月ほどの事故である。犠牲になった乗客と家族の無念はいかばかりかと思うが、いったいなぜこんなことが立て続けに起きたのだろうか。

 17便については撃墜されたとの情報も流れており、ウクライナ対ロシアの政治情勢が絡んでいる可能性が高い。だが、3月8日に消失した370便についてはまったく謎に包まれている。こちらはまだ機体の行方すら分かっていないという状況なのだ。

 行方不明となったのは、今回の撃墜(?)事件と同じボーイング777。それが機体ごと姿を消したというミステリアスさから、機体消失当初は多くの憶測がなされた。テロリストのハイジャック説、中国政府による撃墜説、米軍基地に機体ごと隠されたという噂も出たが、これはまあ情報の少ない時点では仕方なかった面もあるだろう。

 3月初旬には、有名な祈祷師が、クアラルンプール国際空港にて霊視を行ったりもした。ただ、その占い結果は「まだ空中を飛んでいるか、もしくは海中に沈んでいる。陸地には墜落していない」という、しごく当然としか思えないものだったが……。行方が判明しないまま1ヶ月が経った頃には「新しいバミューダ・トライアングルが出現した」「UFOによって誘拐された」なるオカルト説まで囁かれる。無人の豪華客船が見つかった「マリー・セレスト号事件」にもなぞらえられ、近年最大のミステリーと騒がれた。確かに航空事故史上でも稀にみる異常事態なのは間違いなく、そのためオカルチックな噂がさんざんに飛び交ったのである。

 しかし最近の日本では、370便消失事件の続報はあまり伝えられなくなったようだ。国内ネットニュースを探しても、7月以降の記事は検索できず。すっかり記憶の外に追いやられていた読者もいるだろうし、中には「まだ発見されていなかったのか」と驚かれる方もいるかもしれない。

 海外でのニュースを見てみよう。ここ最近の「ニューヨーク・タイムズ」その他の報道によれば、ヒシャムディン運輸相代理が「オーストラリア西岸約1,800kmの南インド洋探索を予定している」と発表。ソナー搭載の潜水艦を配備、オーストラリア政府の協力も借りて、8月4日より最長12ヶ月をかけての調査を行うとのこと。海上での墜落説が濃厚となり、次第に場所も特定されつつあるようだが、機体発見までにはもう少し時間がかかりそうだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

マレーシア航空機はなぜ消えた

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

なぜマレーシア航空ばかりが…機体が消えたもうひとつの事件の謎のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。航空機裏側の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 三浦瑠麗が戦前賛美、その御用学者体質
2 松本人志追及に井上公造が「圧力ない」
3 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
4 日本の外務省が文大統領と同様の発言
5 吉永小百合が「9条は変えさせない」
6 Nスペ731部隊検証にネトウヨ錯乱!
7 中居ジャニーズ残留とキスマイ
8 トランプ差別発言に有本香と玉川徹が
9 『永遠の0』は恐い!元特攻要員が批判
10 ウーマン村本こそ“最強反戦芸人”だ!
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 工藤静香が『Mステ』で二宮に姐御発言
13 欅坂46平手欠席の背景にブラック労働
14 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
15 仲代達矢と桂歌丸が語った戦争体験
16 綾瀬はるかが毒ガス製造の元兵士を取材
17 テレ朝が萩生田に全面謝罪した背景
18 トランプ的どっちもどっち論横行の日本
19 幹部から新人までほとんどが商売右翼
20 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
1吉川晃司が安倍の核禁止条約拒否を批判
2ウーマン村本こそ“最強反戦芸人”だ!
3 Nスペ731部隊検証にネトウヨ錯乱!
4菅官房長官が壊れ始めた!トンデモ会見
5加計幹部が官邸訪問、安倍と下村が
6久米宏、さんま、村本も東京五輪批判
7綾瀬はるかが毒ガス製造の元兵士を取材
8テレ朝が萩生田に全面謝罪した背景
9高橋洋一ら安倍応援団が特区ビジネス
10市原悦子が語る戦争と安倍政権への怒り
11長崎のメッセージも安倍には届かず!
12グアム北ミサイルは存立危機事態でない
13トランプ的どっちもどっち論横行の日本
14仲代達矢と桂歌丸が語った戦争体験
15寂聴「憲法を汚した安倍は世界の恥」
16手塚治虫が描いた戦争をいま読み直す
17閉会中審査、小野寺防衛相も隠蔽体質
18三浦瑠麗が戦前賛美、その御用学者体質
19幹部から新人までほとんどが商売右翼
20極右丸出し”日本ファースト”は小池命名
PR
PR 飲むだけで女性のカラダの悩みを解消!?

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」