なぜマレーシア航空ばかりが…機体が消えたもうひとつの事件の謎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
malaysia_01_140719.jpg
『マレーシア航空機はなぜ消えた』(講談社)

 日本時間17日23時15分、マレーシア航空17便が墜落したとの速報が流れた。239名の乗客を乗せたマレーシア航空370便が消息をたってから、わずか4ヶ月ほどの事故である。犠牲になった乗客と家族の無念はいかばかりかと思うが、いったいなぜこんなことが立て続けに起きたのだろうか。

 17便については撃墜されたとの情報も流れており、ウクライナ対ロシアの政治情勢が絡んでいる可能性が高い。だが、3月8日に消失した370便についてはまったく謎に包まれている。こちらはまだ機体の行方すら分かっていないという状況なのだ。

 行方不明となったのは、今回の撃墜(?)事件と同じボーイング777。それが機体ごと姿を消したというミステリアスさから、機体消失当初は多くの憶測がなされた。テロリストのハイジャック説、中国政府による撃墜説、米軍基地に機体ごと隠されたという噂も出たが、これはまあ情報の少ない時点では仕方なかった面もあるだろう。

 3月初旬には、有名な祈祷師が、クアラルンプール国際空港にて霊視を行ったりもした。ただ、その占い結果は「まだ空中を飛んでいるか、もしくは海中に沈んでいる。陸地には墜落していない」という、しごく当然としか思えないものだったが……。行方が判明しないまま1ヶ月が経った頃には「新しいバミューダ・トライアングルが出現した」「UFOによって誘拐された」なるオカルト説まで囁かれる。無人の豪華客船が見つかった「マリー・セレスト号事件」にもなぞらえられ、近年最大のミステリーと騒がれた。確かに航空事故史上でも稀にみる異常事態なのは間違いなく、そのためオカルチックな噂がさんざんに飛び交ったのである。

 しかし最近の日本では、370便消失事件の続報はあまり伝えられなくなったようだ。国内ネットニュースを探しても、7月以降の記事は検索できず。すっかり記憶の外に追いやられていた読者もいるだろうし、中には「まだ発見されていなかったのか」と驚かれる方もいるかもしれない。

 海外でのニュースを見てみよう。ここ最近の「ニューヨーク・タイムズ」その他の報道によれば、ヒシャムディン運輸相代理が「オーストラリア西岸約1,800kmの南インド洋探索を予定している」と発表。ソナー搭載の潜水艦を配備、オーストラリア政府の協力も借りて、8月4日より最長12ヶ月をかけての調査を行うとのこと。海上での墜落説が濃厚となり、次第に場所も特定されつつあるようだが、機体発見までにはもう少し時間がかかりそうだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

マレーシア航空機はなぜ消えた

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

なぜマレーシア航空ばかりが…機体が消えたもうひとつの事件の謎のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。航空機裏側の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
12 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
17 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
18 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
19 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画