浅野忠信と二階堂ふみの『私の男』に林真理子が「薄汚い父娘」と酷評

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
asanotadanobu_01_140717.jpg
映画『私の男』公式サイトより


 映画『私の男』の評判がいい。モスクワ国際映画祭でグランプリを受賞。主演の浅野忠信も最優秀主演男優賞を受賞した。震災で家族を失った少女と、引き取った遠縁の男の近親相姦を描いた問題作で、受賞した浅野はもちろん、少女役の二階堂ふみも、その演技を絶賛されている。二階堂が18歳になるのを待って撮影したといわれる、激しい濡れ場も話題だ。

 ところが、先日、二階堂ふみ、浅野忠信、熊切和嘉監督らによる受賞記念の舞台挨拶でちょっとしたハプニングが起きた。観客からの質疑応答で、近親相姦の被害者という女性の観客から疑問が投げかけられたのだ。

「私は近親相姦の被害者です。浅野さん演じるお父さんは加害者。二階堂さん演じる花さんは、未成年だから被害者。一般の人たちはアダルトビデオでしか知らないと思いますが、あまり美化されてしまうと……」

 この突然の質問に、場内は静まり返ったという。壇上の熊切監督は「美化して描いたというつもりはない。そこにある厳しさをもって描いたつもり」と震える声で答え、主演の浅野も「見る方によって思い出させたりすることがあるならば、申し訳ない」と謝罪をするのが精一杯だった。

 だが、こうした反応は当然といえるかもしれない。実をいうと、この『私の男』は原作の段階から非常に物議をかもした作品だった。作者は桜庭一樹で、2008年第138回直木賞の受賞作なのだが、一部の選考委員から厳しい批判を受けていた。

 そのひとりが林真理子。林は『私の男』について「嫌悪感」と題したこんな選評を書いている。

「私はこの作品をどうしても好きになれなかった。(中略)主人公の女性にも父親にもまるで心を寄せることが出来ない。高校生の娘が、自分を愛撫した父親の指をさし、「私という女そのものなの」などというシーンに出くわすたび、ぞぞっと違和感が起こるのである。とってつけたような殺人があり、父と娘は自分たちの秘密を守るために善意の人間をも手にかける。それでも、二人して地獄に落ちていこうというのならまだ話はわかるのだが、娘の方はナイーブな金持ちの坊ちゃんをつかまえ、華やかな結婚式をきちんと挙げるのだ。私には“わたし”“私の男”が、禁断の快楽をわかち合う神話のような二人、とはどうしても思えず、ただの薄汚い結婚詐欺の父娘にしか思えない。」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

浅野忠信と二階堂ふみの『私の男』に林真理子が「薄汚い父娘」と酷評のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。二階堂ふみ林真理子浅野忠信詐欺の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
9 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
10 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
12 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
17 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
18 原発広告に文化人や芸能人が
19 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
20 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画