祇園祭、寺院、町家…京都本の取材で飛びかう“謎のお金”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
gion_01_140713.jpg
京都のガイドブック制作には、京都ならではのなみなみならぬ苦労が……

 夏本番の暑さを迎える7月。京都は日本三大祭に数えられる祇園祭一色に染まる。しかも、今年は前祭(さきまつり)に統合されていた後祭(あとまつり)が49年ぶりに復活。ハイライトである山鉾巡行が2回行われ、かつて巡行のしんがりをつとめた大船鉾が150年ぶりに復興することもあり、いっそうの盛り上がりを見せているのだ。

 ぜひ、ガイドブックを片手に、この夏京都を訪れてみてほしいのだが……じつはそんな熱に浮かされることなく冷や汗をかいているのが、ガイドブックを発行する各出版社だ。山鉾巡行が2回行われることで、来場者数が増えて本の売れ行きもよくなる、なんてお気楽ムードはない。祇園祭のスケジュールが大きく変わったことで、今まで発行していた書籍の改訂や新刊の発行に追われて大わらわ。しかも、単に加筆修正したり、新しく本を作るだけならまだしも、そこには悠久の歴史を誇る京都ならではの“お金の問題”が横たわっているのだ。

 その問題とは、祇園祭の主役ともいえる山鉾の写真。巡行当日は、プロやアマチュアを問わず、多くのカメラマンが迫力ある山鉾を撮ろうとシャッターを切る。ここまではいいのだが、この撮影した山鉾の写真を雑誌や書籍に掲載するとなると、お金を払わなければいけない。別に写真を貸してもらったわけでもないのに、お金がかかるのだ。東京在住の編集者なら「え、なんでお金を払うの?」とびっくりするだろう。

 たしかに、他の街だと、祭りやイベントを取材してお金を要求されることはほとんどない。営利企業のテーマパークだって取材許可がおりれば、普通、謝礼は必要ない。しかし、京都、祇園祭は特別なのだ。

 しかも、驚くべきはその値段。たった写真一枚に、およそ1~5万円の金額を「礼金」という名目で要求される。一体、どこに支払うのかというと、山鉾を保有する各山鉾町をとりまとめる「公益財団法人祇園祭山鉾連合会」。ここが窓口となり、各山鉾町へお金を納めることになるのだ。さらに山鉾によって「格」の差があり、20メートルを超える鉾は人気が高く、掲載料もぐんと高い。ちなみに今年、巡行に登場する山鉾は33基。ガイドブックの中で1基ずつ山鉾を紹介するとなれば、それだけでも数十万円の予算が必要になる。豪華絢爛な山鉾を載せずに本を作るわけにもいかず、出版不況と言われて久しい業界のお財布事情をさらにひっ迫しているのである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

祇園祭のひみつ コラムとクイズで解き明かす

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

祇園祭、寺院、町家…京都本の取材で飛びかう“謎のお金”のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。出版業界寺社祭りの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
9 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
10 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
12 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
17 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
18 原発広告に文化人や芸能人が
19 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
20 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画