武田鉄矢に中原昌也が小説で面白すぎる罵倒! 背景に武田のネトウヨ化、安倍応援団化への嫌悪感?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
武田鉄矢に中原昌也が小説で面白すぎる罵倒! 背景に武田のネトウヨ化、安倍応援団化への嫌悪感?の画像1
5月6日放送『ワイドナショー』(フジテレビ)に出演する武田鉄矢

 6日放送『ワイドナショー』(フジテレビ)に武田鉄矢がゲスト出演している。きょうの番組で武田鉄矢がなにを語るのかは、現時点ではわからないが、武田鉄矢といえば、このところ、ネトウヨ化、安倍応援団化がめざましい芸能人だ。ラジオなどで「中韓に対していくらおわびしても同じじゃないか」とか「韓国の恨の思想がすごい」とか、嫌韓・嫌中本を肯定的に紹介したり、韓国や中国に対するヘイトを撒き散らしたりしている。

『ワイドナショー』でも、安倍首相と吉田松陰について会話したことを自慢げに開陳したり、昨年12月24日に出演した際は、安倍首相と会食したことで批判を浴びていた松本人志を擁護し、逆に政権批判する者をこう攻撃していた。

「なんか、みんなやたら反権力とか、政治を批判したり、首相にむかってバカと言ったりなんかすると、ちょっとカッコよがるっていう。なんかそういう風潮ありますよね」
「相手が殴り返してこないことを見てて、『かかってこい』って言う人いますよね。それはズルいと思うんだよね。だから、誰とでも飯を食うっていうのは、とても大事な人間の部分じゃないかなって」

 そんな武田鉄矢が、いま一部で話題となっていることがある。「文藝」(河出書房新社)2018年夏季号に掲載された中原昌也の短編小説『あの農場には二度と』のなかで書かれている武田鉄矢に関する描写が思わず笑わずにはいられないすごいものだったのだ。

 小説の本編は武田鉄矢とはなんの関係もない。〈日々の不毛な仕事の連続に疲れていた〉と描かれる主人公の「わたし」が、馬との触れ合いを求めて人里離れた場所まで出かけていくところから物語は始まる。武田鉄矢が登場するのは、物語の終盤、馬を所有している牧場の牧場主が「武田」という名前であることが判明すると〈あのタレントの武田鉄矢そっくりに思えてきた〉と書かれるところからだ。

 そして、語り手の「わたし」は、いきなり〈本人にしか見えなくなるにしたがって、その人間的な信用も嘘のように消えた〉と切り出し、そこから話は脱線。〈私は芸能人の武田鉄矢という男に対して、相当な偏見を持っており、直接何かされたわけでもないのに印象はとてつもなく強烈に悪い。あの男の声を聞くのも不快なので、テレビに登場すれば、即チャンネルを変える〉と、小説のストーリーの流れはどこかへ消え去り、そこから長尺で武田鉄矢への悪口が続いていくのだ。

〈もし鉄矢の身の上に何か困ったことが起きても、何もしてやらないし、話も聞いてやらない。もし鉄矢が河で溺れているところに偶然通りかかっても、絶対に見て見ぬ振り。怪我して倒れていても、救急車を呼ぶこともない。小さな鉄矢が必死にゴミ箱の中から這い上がろうとしたならば、そっとフタを閉め、その上に重い物を載せて立ち去る。近所の壁に鉄矢の似顔絵が大きく描かれていれば、自腹で洗剤や掃除道具などを買い込み、必死で消す。買う金がなければ、小便をかけて消す〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

武田鉄矢に中原昌也が小説で面白すぎる罵倒! 背景に武田のネトウヨ化、安倍応援団化への嫌悪感?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。中原昌也文藝武田鉄矢編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 山本太郎が安倍に放火未遂スキャンダルを質問
2 W杯乱入プッシー・ライオットを非難する日本の異常
3 生活保護叩きする前に吉岡里帆ドラマを見ろ
4 アベ友・八木秀次に1200万もの公金横流し
5 災害放置の安倍首相が“やってる感”だけ演出
6 大飯原発逆転再稼働の裏に裁判所の策謀
7 安倍が選挙妨害に関与の決定的証拠
8 青山繁晴が前川氏に論破されてボロボロ
9 安倍が選挙妨害を依頼した男と密室謀議
10 グッディ!土田マジギレ真の原因
11 志らくが『ワイドナ』でも赤坂自民亭めぐり大嘘
12 葵つかさが「松潤とは終わった」と
13 安倍への忖度?山口県警が安倍系建設会社の捜査握り潰し 
14 五輪選手の親はみんな“毒親”なのか?
15 タイ洞窟少年にまで自己責任バッシングする日本
16 山本太郎を評価せよ!
17 百田尚樹がお茶大LGBT入学に差別攻撃
18 嵐・相葉“紅白司会”の背後に五輪利権
19 舛添問題で石原良純が挙動不審に!
20 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
1安倍が豪雨災害対策を放置し飲み会優先
2安倍の豪雨対策そっちのけ飲み会に非難轟々!側近も
3安倍が選挙妨害に関与の決定的証拠
4 安倍が災害対応よりカジノ法案優先
59条Tシャツ着用者が国会傍聴から排除
6タイ洞窟少年にまで自己責任バッシングする日本
7山本太郎が安倍に放火未遂スキャンダルを質問
8加藤剛が「安倍政権は憲法違反の政権」
9災害放置の安倍首相が“やってる感”だけ演出
10 オウム死刑囚大量執行は井上の口封じか
11安倍が選挙妨害を依頼した男と密室謀議
12オウム大量死刑執行報道は“公開処刑”だ
13 安倍が災害66時間放置をなかったことに
14安倍への忖度?山口県警が安倍系建設会社の捜査握り潰し 
15アベ友・八木秀次に1200万もの公金横流し
16逮捕の文科省局長と安倍政権の関係、同じ支援事業に加計
17 百田尚樹がお茶大LGBT入学に差別攻撃
18志らくと八代弁護士が赤坂自民亭を擁護
19志らくと春蝶が赤坂自民亭めぐり安倍ポチ全開
20志らくが『ワイドナ』でも赤坂自民亭めぐり大嘘

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄