東京五輪ボランティア条件に「ブラック」「やりがい搾取」と批判殺到! 過労死も出した東京五輪“滅私奉公”体質

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
東京五輪ボランティア条件に「ブラック」「やりがい搾取」と批判殺到! 過労死も出した東京五輪滅私奉公体質の画像1
東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会HPより

 招致裏金問題、新国立競技場見直し、招致時は7000億円だったのにいつのまにか3兆円にも膨れあがった費用……問題だらけの東京オリンピックだが、またとんでもない実態が明らかになり物議をかもしている。

 3月28日に、東京都と2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が大会におけるボランティア募集要項案を発表したのだが、その内容があまりにブラックで大炎上しているのだ。

 東京オリンピックに際して募集されるボランティアは、大会の運営に直接関係する大会ボランティアと、交通案内や観光案内などを行う都市ボランティアの二つに大別される。前者は8万人、後者は3万人、合計11万人のボランティアが必要だと試算されている。これは、12年ロンドン大会における7万人を上回る数字で、過去最大のものだという。

 このうち、大会ボランティアのほうが特にひどく、「やりがい搾取」の典型例のような募集要項になっているのだ。

 まず運営側は、02年4月1日より前に生まれた人、合計10日以上活動でき、指定するすべての研修に参加できることを大会ボランティアの応募条件としている。

 10日プラス研修という拘束時間だけでも無償の域を超えているが、他の条件がこれまたひどい。1日の仕事時間は8時間もあり、1日1回を原則とする飲食は支給されるが、交通手段や宿泊場所は各自が手配し、費用も自己負担となっている。

 これだけでも噴飯ものなのだが、組織委員会はさらに条件を突きつける。「積極的に応募していただきたい方」として、競技の基本的知識がある人、英語やその他言語のスキルを生かしたい人、スポーツボランティア経験をはじめとするボランティア経験がある人といったものが挙げられている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

東京五輪ボランティア条件に「ブラック」「やりがい搾取」と批判殺到! 過労死も出した東京五輪“滅私奉公”体質のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。オリンピックボランティア有森裕子東京五輪の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
7 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 麻生太郎が愛人の店に2360万円
10 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
11 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
12 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
20 財務次官セクハラが海外メディアでも