120作目『北の桜守』でも…吉永小百合が戦争に向き合う理由!「戦後70年を過ぎた頃から戦争の足音が近づいてきた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kitanosakuramori_01_20180318.png
吉永小百合主演映画『北の桜守』

 吉永小百合120本目の出演作ということでも話題となっている映画『北の桜守』が今月10日に公開された。

 1959年の映画初出演から59年の時を経て到達した120本目の節目となる『北の桜守』。その舞台は北海道。この作品は、『北の零年』(2005年公開)、『北のカナリアたち』(2012年公開)に連なる、北海道を舞台にした「北の三部作」の最終作として企画されており、彼女自身、企画段階から「東映さんが120本目の映画を作ってくださるというので、できれば北海道を舞台にしていただければ」(「キネマ旬報」2018年3月上旬号/キネマ旬報社)とリクエストを出していたという。

 そして、吉永には120本目の節目の作品でどうしても描きたいものがあった。それは、戦争で起きる悲劇である。「キネマ旬報」2018年3月下旬号掲載のインタビューでこのように語っている。

「私は以前、対馬丸という沖縄の学童疎開の船がアメリカの潜水艦の攻撃を受け、多くのお子さんが亡くなった太平洋戦争中の史実を映画にできないかと考えたことがありましたが、南と北の違いはあっても、語るべき歴史の一端にアプローチできて良かったです。それも単にメッセージを打ち出すのではなく、映画的な潤いとともに大切な史実を物語に溶け込ませることができて」

 この『北の桜守』という作品は、江蓮てつ(吉永小百合)を主人公に、二人の子どもを連れたうえでの樺太からの壮絶な引き揚げを経た1945年の記憶と、外資系企業の日本支社社長にまで上り詰めた息子・修二郎(堺雅人)の住む札幌でだんだんと認知症の進行していく1971年のことが交互に描かれる。

 江蓮家は樺太の恵須取で製材所を営んでいたが、ソ連軍の侵攻により国民義勇隊に召集される夫・徳次郎(阿部寛)と網走での再会を約束した後に急いで引き揚げを開始。ソ連軍による空襲をかいくぐり、飢えに耐え忍びながら76kmにもおよぶ長い道のりを徒歩で移動し、大泊までつながる駅を目指して行く。

 樺太から北海道への引き揚げの道のりは険しく、途中で命を落とした人も多いと実際の記録が残っているが、『北の桜守』でも、ソ連軍の飛行機に狙い撃ちされ血しぶきをあげながら絶命する民間人や、引き揚げ途中で餓死する老人に周囲の人々が群がって金になる物や食べ物を強奪する場面が生々しく描かれている。また、この一連のシーンでは、ソ連軍に包囲されたと判断した看護師23人が集団自決を図り6人が亡くなった実際の悲劇(大平炭鉱病院事件)も織り込まれた。

 さらに、てつと二人の子どもは、命からがら大泊まで辿り着き、引き揚げ船・小笠原丸に乗り込むのだが、この小笠原丸も実際に、国籍不明の潜水艦の攻撃を受け沈没した船だ。乗船していた人のほとんどが避難民の女性と子どもだったが、702人のうち641人が死亡したと記録が残っている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

120作目『北の桜守』でも…吉永小百合が戦争に向き合う理由!「戦後70年を過ぎた頃から戦争の足音が近づいてきた」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。北の桜守吉永小百合安倍政権編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
9 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
10 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
12 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
17 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
18 原発広告に文化人や芸能人が
19 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
20 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
8加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
9下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画