NGT48中井りかが上西小百合元議員に心酔!「上西さん大好き」「アイドルだって言いたいこと言っていい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nakai_180202_top.jpg
上西小百合と中井りかが共演した『スマートフォンデュ』(テレビ朝日)


 婚約者と昨年末に破局していたことを公表したり、具志堅用高や亀田興毅を輩出した名門・協栄ボクシングジムに入門したりと、国会議員ではなくなった現在でも、なにかと話題に事欠かない上西小百合元衆議院議員。

 上西氏といえば、橋下徹や東国原英夫から浦和レッズのサポーターまで、さまざまな相手とバトルを展開し、いまでは「炎上タレント」の名をほしいままにしているが、そんな上西氏になぜか現役のアイドルが心酔してしまったようだ。

 そのアイドルとは、NGT48の中井りか。デビュー曲「青春時計」ではセンターを務め、昨年の選抜総選挙では23位にランクインした人気メンバーのひとりだが、そんな彼女が上西氏に対し「シンパシーを感じる」「大好き」とラブコールを送ったのだ。

 それは、中井がMCを担当しているテレビ朝日の深夜番組『スマートフォンデュ』(1月25日放送回)。この日の放送では、不倫常習が発覚して議員辞職に追い込まれた宮崎謙介元衆議院議員、キングコング西野亮廣、そして上西氏をパネラーとして招き、「炎上」をテーマに討論を行った。

 中井の“上西リスペクト”ぶりが全開になったのが、なぜか終始ひとり上から目線の宮崎氏から「炎上商法はなんのためにやっているのか?」と皮肉たっぷりにつっこまれた上西氏が「炎上商法、炎上商法って私言われるんですけど、じゃあね、炎上ってしようと思って自分の力で出来ますかっていう話がまずありますよね?」と返したときのこと。

 すると、それまでほとんど発言せず置物状態だった中井が急に立ち上がり、「そうなんですよ! そうなんですよ! それ! 大好き。もう、それ! 本当におんなじ意見なんですよ」と叫びながら上西氏に握手を求めたのだ。

 その後、上西氏が「炎上って自分の力で出来るわけじゃないし、じゃあ、炎上商法って、私、なにを売るんですか? テレビに出たって議員時代お金なんかもらわないじゃないですか、ほとんどね。そういうことを考えたら、炎上商法ってそもそも成り立たないし」と説明を続けるのにも、「そう! そう! そうそう!」とものすごい勢いでうなずいていた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

NGT48中井りかが上西小百合元議員に心酔!「上西さん大好き」「アイドルだって言いたいこと言っていい」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。NGT48上西小百合中井りか編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
5 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
10 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
13 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
19 財務次官セクハラが海外メディアでも
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
20 財務次官セクハラが海外メディアでも