ドラマ『相棒』に“官邸のアイヒマン”北村滋内閣情報官が登場!? 公安が反町や仲間由紀恵を監視・恫喝する場面も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

ドラマと同じ!安倍官邸は公安警察を使い、官僚の私生活まで監視し恫喝

 たとえば2016年12月、韓国・釜山総領事だった森本康敬氏が電撃更迭されたことがあった。その理由は森本氏が慰安像をめぐる安倍政権の報復措置に、不満を口にしたことだったとされるが、その批判は公の場でなく、知人との会食というプライベートの席で出たものだった。つまり、森本氏は何らかの方法で、密かに監視・盗聴されていたということだ。

 また2017年5月、読売新聞に「出会い系バー通い」を報道された文科省元事務次官の前川喜平氏にしても、その前年秋頃、杉田和博内閣官房副長官から呼び出され、この「出会い系バー通い」を厳重注意されている。やはり勤務時間外の違法性もない私的な言動まで把握されていたのだ。

 秘密警察さながら、スキャンダルや秘密を握り、それをネタに恫喝、自分たちの思いのままに動かす。『相棒』では、こうした安倍政権の暗黒面を投影するエピソードが散りばめられているのだが、しかし、それ以上に驚いたのが、重要登場人物であり、「安田」の背後にいた黒幕の存在だ。それが鶴見辰吾演じる内閣情報調査室(内調)審議官の有馬武人だ。そもそも「安田」の違法手段を含めた様々な諜報活動は、それを影で牛耳る有馬の指令であり、有馬は多くの諜報情報を駆使し、周囲を都合のいいように操り、また自らの地位を確固たるものにしようと目論むのだが、この有馬、実在の“あの要人”とオーバーラップするのだ。

 その人物とは“官邸のアイヒマン”との異名を持つ内調のトップ・北村滋内閣情報官だ。内調は総理直属の諜報機関で、北村氏は安倍首相の側近中の側近。もともと警察庁外事課長などを歴任した公安警察のエリートだが、第一次安倍政権時、首相秘書官に抜擢されたのをきっかけに安倍首相と急接近。警察と官邸のパイプ役として、日本版NSC立ち上げにも深く関わり、特定秘密保護法の法案策定でも中心的役割を担った。

 しかも北村氏はほぼ毎日のように安倍首相と面会し、菅義偉官房長官を飛び越えて情報を直接伝えることもしばしばという親密さであり、政権批判に対するカウンター情報や政敵のスキャンダルを流しているとされる人物でもある。

 たとえば、“御用ジャーナリスト”・山口敬之氏の「準強姦もみ消し疑惑」でも、「週刊新潮」(新潮社)がそれを報じることを知った山口氏は、北村氏と思われる人物にメールで報告していたことがわかっている。また民進党代表だった蓮舫参院議員の二重国籍疑惑や山尾志桜里衆院議員のガソリン代巨額計上問題、そして沖縄県の翁長雄志知事に対するバッシング・デマ情報も内調の仕掛けだったとされる。これらの大元はすべて、北村氏の指示で内調や公安に嗅ぎまわらせた情報で、それを御用メディアやジャーナリストにリークするなどしたといわれている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ドラマ『相棒』に“官邸のアイヒマン”北村滋内閣情報官が登場!? 公安が反町や仲間由紀恵を監視・恫喝する場面ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。伊勢崎馨公安内閣情報調査室北村滋安倍内閣相棒の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 山口敬之が補助金交付関与の新証言
2 安倍首相「芸能人との会食」は改憲目的!?
3 ほっしゃんの反差別にウーマン村本が
4 欅坂平手負傷で武道館中止にメンバーが
5 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
6 櫻井よしこは嘘つきだ!小林節が告発
7 安倍「杉原千畝は誇り」発言は帝国主義賛美
8 吉永小百合、声をあげることへの覚悟
9 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 小倉智明、坂上忍がセクハラ告発を抑圧
12 佐野元春がトランプ批判の楽曲を発表!
13 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
14 孤立?ももクロ有安を精神分析
15 ICAN無視の安倍政権に吉川晃司が
16 社内メールの語尾に“ござる”で解雇!
17 「SAPIO」反日バッシングの異常
18 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
19 X JAPAN、TAIJIの死の謎
20 松本人志が黒塗り問題で逃げと責任転嫁
1国有地疑惑の日本航空学園“極右教育”
2吉永小百合、声をあげることへの覚悟
3NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
4安倍と会食した三橋貴明がDVで逮捕!
5ビートたけしも安倍の接待番組
6安倍がネットでヘイト女性と意気投合
7安倍首相「芸能人との会食」は改憲目的!?
8西原理恵子が高須院長とヘイトデモ応援
9加計学園に国民の血税投入の新疑惑!
10安倍「杉原千畝は誇り」発言は帝国主義賛美
11「SAPIO」反日バッシングの異常
12ほっしゃんの反差別にウーマン村本が
13安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
14日立原発支援政策は“お友だち優遇”
15『相棒』が安倍官邸の謀略体質を批判
16安倍自民が名護市長選で卑劣な札束攻撃
17ダウンタウン『笑ってはいけない』黒塗り擁護の嘘
18山口敬之が補助金交付関与の新証言
19異常!安倍が慰安婦問題を理由に五輪欠席
20小倉智明、坂上忍がセクハラ告発を抑圧

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

ブラック企業被害対策弁護団

連載一覧へ!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」