FNS歌謡祭は大丈夫? 欅坂46・平手友梨奈“有線大賞での異変”の裏に意外な理由…「不協和音を歌えない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
FNS歌謡祭は大丈夫? 欅坂46・平手友梨奈有線大賞での異変の裏に意外な理由…「不協和音を歌えない」の画像1
「風に吹かれても (Type-A)」


 今夜19時からフジテレビ系で放送される『2017 FNS歌謡祭 第2夜』。福田明日香も含んだモーニング娘。1期メンバー5人が全員揃ってインディーズデビューシングル「愛の種」を歌うことや、Toshl(X JAPAN)が鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)とコラボして「Say Anything」を歌唱することなど、今夜しか見ることのできない特別企画が発表されている。

 そんな豪華ラインナップのなかでも、ひときわ注目を集めているのが欅坂46だ。

 その理由は、今月4日に放送された『第50回日本有線大賞』(TBS)にある。

 4時間近くにおよんだ『日本有線大賞』の放送だが、欅坂46が有線音楽優秀賞に選ばれた「風に吹かれても」をパフォーマンスし始めるやいなやSNSはひときわ盛り上がりを見せた。それは、欅坂46が大ブレイク中のアイドルだから、ということだけではない。

「風に吹かれても」を歌唱するセンターの平手友梨奈の様子を見て、ネットにはこんなコメントが次々と投稿されたのだ。

〈目が死んでいた〉
〈こんなんで紅白大丈夫なの〉
〈運営わかってやらせてるんだろ? 壊して使い捨てなんだろな〉
〈押し付けられたキャラのせいでホントに壊れたんだな〉

 江藤愛アナウンサーによる「見どころは激しいダンスパフォーマンスです。普段はクールなんですけれども、この歌のときは笑顔がすごく印象的です」という曲紹介の言葉通り、欅坂46のメンバーは皆笑顔を浮かべながら歌い踊っていたのだが、平手だけは前髪で目を覆い隠しながらいっさい笑顔を見せずに歌唱。肉体的にも精神的にも明らかに不調な様子がカメラに映し出されていた。

 歌唱前の挨拶でも、他のメンバーが司会との会話に合わせて頷いたりお辞儀したりするなか、平手ひとりだけ周囲の状況にいっさいまったく反応せず立ち尽くしていたりと様子のおかしさが際立っており、なんらかの問題を抱えているなかでの出演だったのは誰の目にも明らかだった。いったいなにがあったのか。これには楽曲が絡んでいるようだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

FNS歌謡祭は大丈夫? 欅坂46・平手友梨奈“有線大賞での異変”の裏に意外な理由…「不協和音を歌えない」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。FNS歌謡祭平手友梨奈日本有線大賞欅坂46編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 日大附属アメフト部出身のオードリー沈黙の理由
2 「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
3 安倍の加計との面会否定が信じられない理由
4 高プロ法案の強行採決を許すな!
5 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
6 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
7 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
8 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
9 安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
10 「不倫学」が教える防止策とは?
11 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
12 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
13 弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
14 日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
15 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
16 『かぐや姫の物語』は#MeTooを先取り
17 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
18 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
19 愛川欽也が「安倍に殺される」と
20 安倍の改憲強行姿勢の裏で自民党と電通が国民投票対策
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3安倍の加計との面会否定が信じられない理由
4是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
5 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
6産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
7柳瀬氏答弁を京産大、愛媛県知事が批判
8NHK岩田、櫻井よしこが「良い独裁もある」
9 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
10のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
11安倍の金正恩評価発言に極右勢力は? 
12日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
13安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
14星田、村本、博士がデモ批判に反論
15山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
16高プロ法案の強行採決を許すな!
17石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
18弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
19柳瀬秘書官の参考人招致は嘘と詭弁だらけ
20「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?