ブルゾンもひふみんも…流行語大賞授賞式の欠席者続出はネトウヨの炎上攻撃のせい? ファミマ“忖度御膳”にも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ryuukougo_171208_top.jpg
ユーキャン新語・流行語大賞HPより


「忖度」「インスタ映え」の2語が大賞となった「2017ユーキャン新語・流行語大賞」。だが、12月1日におこなわれた授賞式は、師走恒例の風物詩にもかかわらず寂しいものとなった。授賞式に欠席者が続出したからだ。

 例年、お笑い芸人やその年にブレイクした有名人が登場する流行語大賞だが、「35億」がトップテン入りしたブルゾンちえみや、「ひふみん」の加藤一二三氏は欠席。さらに、「29連勝」が入賞した藤井聡太棋士や「9・98」の陸上・桐生祥秀選手も欠席となった。

 スポーツ紙などでは「授賞式に出席すると一発屋になるため芸能事務所が敬遠したのでは」と報じられたが、「流行語大賞をとった芸人は消える」説は何も今年始まったものではないし、お笑い芸人でもなく持ちギャグもない加藤一二三氏が敬遠する理由はない。しかも今年ナベプロに所属したばかりの加藤氏はいろんなイベントに引っぱりだこなのに、注目度の高い流行語大賞は欠席するというのは不可解。スポーツ選手の欠席も同様だ。

 なぜ、揃いも揃って受賞者が欠席となったか。それは近年、流行語大賞に難癖をつけるネット右翼たちが「炎上」させてきたことが原因だろう。

 振り返れば、数年前までは流行語大賞の授賞式は華やかなものだった。たとえば2013年は、「今でしょ!」「じぇじぇじぇ」「倍返し」「お・も・て・な・し」が大賞に選ばれ、林修や能年玲奈(現・のん)、宮藤官九郎、滝川クリステルが登場し挨拶。「倍返し」の堺雅人は欠席したが、『半沢直樹』のプロデューサーであるTBSの伊与田英徳氏が登壇した。また、2014年には「ダメよ〜ダメダメ」が年間大賞に輝いた日本エレキテル連合のほか、「壁ドン」で俳優の山崎賢人、「レジェンド」で青木功や中日ドラゴンズの山本昌広投手が登場、2015年はトップテンに入った「安心して下さい、穿いてますよ。」のとにかく明るい安村や、「まいにち、修造!」の松岡修造らが授賞式を盛り上げた。

 しかし、昨年の授賞式に登壇した芸能・有名人は、年間大賞の「神ってる」の広島カープの鈴木誠也選手と、トップテン入りした「(僕の)アモーレ」の平愛梨のみ。この背景にあったのは、2015年の流行語大賞候補に安倍政権および安保法制関連の言葉が多数あがったことに対して「安保法に否定的な言葉が多すぎる」「政治的すぎる」と批判が起こったことだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ブルゾンもひふみんも…流行語大賞授賞式の欠席者続出はネトウヨの炎上攻撃のせい? ファミマ“忖度御膳”にものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。水井多賀子流行語大賞義家弘介の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
4 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
5 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
13 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
14 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
15 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画