「国民全員が組織委員会」発言で炎上した椎名林檎が再び東京五輪特別番組でコメント! その内容は…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
shiina_01_20171031.png
椎名林檎が出演した『内村五輪宣言〜TOKYO 2020開幕1000日前スペシャル〜』(NHK公式HPより)


 去る10月28日で、2020年東京オリンピックまでついに1000日を切った。

 ロゴの盗作疑惑や国立競技場問題に端を発し、いまでも続々と問題が勃発し続けている2020年東京オリンピックだが、ともあれ、そんな東京オリンピック1000日前を記念した特別番組『内村五輪宣言〜TOKYO 2020開幕1000日前スペシャル〜』(NHK)が放送された。

 内村光良が司会を務め、北島康介や吉田沙保里や澤穂希といったアスリートにオリンピックの思い出を聞いたり、内村自らナショナルトレーニングセンターに赴いて日本代表クラスの選手の練習風景を見学したり、また、ゆずやPerfumeといったオリンピックに縁のあるアーティストのライブも放送された。

 そんな番組企画のトリを務めたのが椎名林檎だ。

 椎名は、リオオリンピック閉会式でのフラッグハンドオーバーセレモニーの演出を手がけた演出振付家のMIKIKO、東京事変のギタリストだった浮雲と共に「HUMAN ERROR」なる一夜限りのユニットを組み、「東京は夜の七時〜NHK東京五輪1000日前スペシャル〜」をパフォーマンス。その次に、トータス松本とのデュエットで「目抜き通り」を歌唱した。

 そして、そのトークコーナーで内村から「2020年の東京大会に向けていまどんな思いですか?」と質問された椎名はこのように答えている。

「日本語がもっと海外でも話されてほしいなっていう、話されなくてもいいけど、もうちょっと知られてほしいですよね日本語……とか。そういう欲もありますけどね。若干。やや。浸透してほしい」

 なぜいきなり日本語云々という話が出てきたのかよく分からないが、その歯切れの悪いコメントには、ひょっとしてあの件が関係していたのだろうか?

 椎名林檎はつい最近、2020年東京オリンピックについての発言が大炎上している。それは、7月24日付朝日新聞のインタビューが発端だった。彼女は、これだけ問題山積の東京オリンピックについて、「国民全員が組織委員会。そう考えるのが、和を重んじる日本らしい」という言葉を使い、まるで「東京オリンピックのためなら個人としての自由が失われるのも我慢しろ」とでも言わんばかりの発言をしたのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

「国民全員が組織委員会」発言で炎上した椎名林檎が再び東京五輪特別番組でコメント! その内容は…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。内田樹有森裕子東京五輪椎名林檎編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
3 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
6 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
7 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 麻生太郎が愛人の店に2360万円
10 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
11 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
12 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
13 財務次官セクハラが海外メディアでも
14 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
15 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
16 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
18 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20 財務次官セクハラが海外メディアでも