島田紳助が文春のインタビューに登場! タレント、芸能プロダクションと暴力団との癒着を総まくり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
bunshun_01_171028.jpg
「週刊文春」(文藝春秋)17年11月2日号

 先日発売された「週刊文春」(文藝春秋)2017年11月2日号に掲載された島田紳助の独占インタビューは大きな話題を呼んだ。

 現在は、筋トレや友人とのゴルフ、野球に明け暮れる健康的な生活を送っていると語り、そのうえで「今の生活が幸せで、その必要を感じていない」と、芸能界復帰の可能性を改めて否定した。

 また、インタビューでは引退をめぐっての騒動についても振り返る。引退直前は多くのレギュラー番組を抱えるストレスから精神状態が限界で、「辞める直前はもういっぱいいっぱいになってましたから」と語る。そして、そういった背景が、騒動の責任の取り方として謹慎や休業ではなく、いきなりの引退を選んだ理由だったと説明。そのうえで、現在の状況をこのように話している。

「引退時の会見でお話したように、男の約束として、向こうの人(暴力団)とは一切会っていません。今遊んでいる友達は一般人ばかりですし、もしヤクザの影があったら誰も僕に寄り付きませんよ」

 紳助の引退会見は2011年8月23日に行われたが、そもそも紳助が暴力団と関係をもつようになったきっかけは、その約10年前にまでさかのぼる。『紳助の人間マンダラ』(関西テレビ)での紳助の発言がもとで、テレビ局に右翼団体の街宣車が来てトラブルに発展。困った紳助が頼ったのが、元プロボクサーの渡辺二郎氏であり、彼を通して、山口組系極心連合会の橋本弘文会長に話がいき、それで紳助に対する嫌がらせなどはなくなった。これをきっかけに暴力団との交際が始まったという。

 引退会見では橋本会長について「10数年間で意図的にお会いしたことと、偶然にお会いしたことで5回くらいです」と語られていたが、「週刊現代」(講談社)をはじめとした各週刊誌には紳助から渡辺氏に対して送信された大量のメールが掲載され、その文面を読む限り、紳助は橋本会長個人のみならず極心連合会自体と浅からぬ関係があったのではないかとも読みとれる。また、「FRIDAY」(講談社)11年10月21日号には、弘道会の高山清司会長と一緒に宴席を囲んでいる写真も掲載された。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

島田紳助が文春のインタビューに登場! タレント、芸能プロダクションと暴力団との癒着を総まくりのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。バーニング暴力団編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
3 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
6 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
7 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 麻生太郎が愛人の店に2360万円
10 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
11 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
12 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
13 財務次官セクハラが海外メディアでも
14 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
15 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
16 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
18 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20 財務次官セクハラが海外メディアでも