星野源「Family Song」が示す“新しい家族”とは? 「家族がいない人はどうしたら?」に星野が出した答え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

星野源「家族がいない人はどうしたらいいんだろう?」

 そこまでではなくても、無意識のうちに“ふつうの家族”“家族=いいもの”“家族がいるのは当たり前”という固定観念をもっている人は少なくないだろう。実際、家族をテーマにした歌の多くは当然のようにそういう価値観をベースにしているものが多い。

 星野は、そういう家族の歌を好きな一方で、ずっと小さな違和感があったと語る。

「その家族をテーマにした楽曲で、たとえば幸せを感じるようなこととか、すごい素敵な歌のなかで、たとえばミュージックビデオとかも家族の風景とか、たとえば親と子とか、そういうものをすごく幸せそうに描いていたりとかするものを見るたびに、家族がいない人はどうしたらいいんだろうってすごく毎回思っていたんですよ。そういう人たちはどう聞けばいいんだろうって」(7月18日放送『星野源のオールナイトニッポン』)

 “家族”がいない人、“家族”からあぶれてしまった人。家族のすばらしさを歌った歌から、無意識のうちに排除されてしまっている存在。家族をテーマにした歌をつくると決めたとき、星野は“家族”の外にいる人の存在を考えたのだという。

「メッセージとしてすごく素敵なことを歌っていたりしていて、それはすごく素敵なことじゃないですか。で、素敵なことなのに、そこからあぶれてしまう人がいるっていうのを感じないようにしていたときがあって。でも、やっぱりずっと感じているから、それを自分だったらどうするんだろうっていうのはぼんやり思っていたことがあって」(7月18日放送『星野源のオールナイトニッポン』)

 星野源は、「Family Song」のなかで「family」を定義していない。それが古かろうと新しかろうと、家族のかたちをいったん定義すれば、そこからあぶれてしまう人が必ず存在する。実際、「Family Song」の歌詞は、いわゆる家族像のようなものは描いていない。古い家族の姿も、新しい家族の姿も描いていない。父とか母とか家族役割を示すような言葉も一切出てこない。むしろ主人公はひとりでいるような印象すらある。もしかしたら、タイトルに「family」と入っていなければ家族の歌とは思わないかもしれない。では星野が考えた「family」とは何なのか。

 星野は「Family Song」のなかで、こう繰り返し歌う。

〈次のあなたへの
 橋になりますように
 遠い場所もつながっているよ〉

 誰かと誰かがつながること。そのつながりは、血のつながりとも性愛とも限らない。近くにいるとも限らない。何とどんなふうにつながってもいい。何者をも排除しない、自由で多様なつながりへの讃歌。それがいま現在多くの人に受け入れられているということは、とても勇気づけられる出来事である。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

星野源「Family Song」が示す“新しい家族”とは? 「家族がいない人はどうしたら?」に星野が出した答えのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。 Family Songサザエさん新田 樹星野源の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
2 安倍の加計との面会否定が信じられない理由
3 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
4 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
5 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
6 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
7 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
8 弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
9 日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
10 『かぐや姫の物語』は#MeTooを先取り
11 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
12 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
13 是枝監督「映画が日本に利用されてる」
14 愛川欽也が「安倍に殺される」と
15 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
16 安倍の改憲強行姿勢の裏で自民党と電通が国民投票対策
17 パワハラ休職した社員にさらなるパワハラ
18 安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
19 東京五輪ボランティアがブラックすぎ
20 山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
4是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
5産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
6柳瀬氏答弁を京産大、愛媛県知事が批判
7NHK岩田、櫻井よしこが「良い独裁もある」
8安倍の金正恩評価発言に極右勢力は? 
9麻生「改ざんは個人の問題」は鬼畜発言
10 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
11のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
12日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
13星田、村本、博士がデモ批判に反論
14山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
15石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
16弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
17自衛隊関連組織が日本会議の改憲署名に協力
18安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
19柳瀬秘書官の参考人招致は嘘と詭弁だらけ
20安倍の加計との面会否定が信じられない理由