支持率急落でも安倍首相は秋の改憲案提出! 坂本龍一、内田樹、久米宏、平野啓一郎、想田和弘らが憲法軽視を徹底批判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
支持率急落でも安倍首相は秋の改憲案提出! 坂本龍一、内田樹、久米宏、平野啓一郎、想田和弘らが憲法軽視を徹底批判の画像1
著名人たちが改憲の危険性を鳴らす『私にとっての憲法』(岩波書店)

 都議選の大敗、支持率の急落で一気に危険水域に入った安倍政権だが、安倍首相は、自民党の憲法改正案を今秋の臨時国会に提出する方針を変えないと言い張っている。むしろ、憲法改正論議を自らの疑惑隠しに利用して、政権浮揚をはかるつもりらしい。

 実際、8月の内閣改造では、自分の出身派閥である細田派の右派議員たちを閣僚から外して党の要職につけ、改憲のための世論作りに投入する計画も報道されている。

 国民はこうした動きにのせられないためにも、日本国憲法の意義と重要性について改めて見つめ直しておく必要があるが、その格好のテキストになりそうなのが、『私にとっての憲法』(岩波書店)だ。

 この本には、坂本龍一、久米宏、内田樹、平野啓一郎、PANTA、想田和弘、仁藤夢乃ら53人の学者や作家、音楽家、文化人が登場、さまざまな角度から日本国憲法の価値を論じ、改憲の危険性に警鐘を鳴らしている。

 たとえば、先の戦争の反省からつくられ、大事にされてきた日本国憲法が、70年以上の時が経つなかで、軽んじられている風潮に警鐘を鳴らすのは坂本龍一だ。

〈戦後の匂いがまだ残っていた僕の子どもの頃は、「憲法」という理念の言葉がもう少し力を持っていたと思います。しかし、日本社会は、憲法をないがしろにするような感覚を長い間かけて醸成してきて、七〇年経ったいま、理念というものはきれいごとに過ぎず、現実は違うのだという感覚が日本人の中に深く根づいてしまったような気がします。それは非常にまずいことだと思うのです〉(『私にとっての憲法』より。以下すべて同じ)

 同様のことを内田樹も指摘している。太平洋戦争を知る世代と、戦争を知らない世代とでは、日本国憲法に対する見方が変わってくると分析している。

〈私にとっての憲法は生まれたときからすでにそこにあった。だから、山とか海とか川とかと同じように、「自然物」としてこのままいつまでもあり続けるものだと思っていた。それがある歴史的条件下で生まれたものであり、その条件が失われたら消えるものだとは近年になるまで切実に感じたことがなかった。私たちの世代の憲法のこの「暫定性」に対する自覚の欠如こそが、憲法が壊されてゆくことの下地を作ったのだと今になって思う。
 父たちの世代はそうではなかった。彼らは憲法の「脆さ」と「可傷性」にもっと自覚的だった〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

支持率急落でも安倍首相は秋の改憲案提出! 坂本龍一、内田樹、久米宏、平野啓一郎、想田和弘らが憲法軽視を徹底批判のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。久米宏坂本龍一憲法編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 葵つかさが引退宣言?松潤のせい?
2 ネトウヨの泉放送制作デマを検証する!
3 ネトウヨ絶賛の加戸前知事証言はインチキ
4 自民党HIPHOPポスターに怒りの声
5 日野原重明氏安倍の改憲に反対を表明
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 稲田がまた…安倍のともちんラブを検証
8 坂本龍一、内田樹、久米宏が改憲批判
9 嵐の暴露本第二弾に、櫻井、松潤
10 松本人志「安倍擁護じゃない」どの口が
11 青山繁晴が前川氏に論破されてボロボロ
12 嵐メンバーの意外な恋愛事情
13 旭日旗は侵略戦争の象徴で禁止は当然だ
14 嵐の暴露本出版!メンバーの不仲話も
15 室井佑月と小林節が「まずは民進党を…」
16 公取委がSMAP問題を独禁法で調査
17 たけしがキムタクとジャニーズを批判!
18 山口の逮捕をツブした官僚が古賀茂明に
19 青山繁晴が教祖化、伝説とアート
20 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
PR
PR 飲むだけで白髪改善と髪のボリュームを取り戻せる!?
1安倍訪問中止の意図を予定国大使館がRT
2青山繁晴が前川氏に論破されてボロボロ
3沖縄いじめの一方、AKB総選挙に国費
4九州北部豪雨も安倍首相は帰国せず!
5閉会中審査で自民党が前川から返り討ち
6支持率31%、安倍退陣を求めるデモ
7自民党HIPHOPポスターに怒りの声
8室井佑月と小林節が「まずは民進党を…」
9青山繁晴が教祖化、伝説とアート
10内調が詩織さんバッシングをリーク!
11室井佑月と小林節が安倍改憲案を批判
12日野原重明氏安倍の改憲に反対を表明
13坂本龍一、内田樹、久米宏が改憲批判
14“反ヘイト”東山紀之がキャスターに
15松本人志「安倍擁護じゃない」どの口が
16稲田朋美が「普天間返還なし」
17安倍が「男たちの悪巧み」仲間を参与に
18山本地方創生相がお友だちの強制調査に
19松尾と鴻上が芸能人と政治的発言に意見
20共謀罪施行、始まっている警察の監視体制
PR
PR 飲むだけで女性のカラダの悩みを解消!?

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」