香取慎吾がジャニーズの圧力と『おじゃMAP!!』『スマステ』終了の動きに最後の抵抗! 放送で「末永く番組が続きますように」と祈りを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

香取慎吾は『スマステ』でも同様の発言、「終了は本人の希望」の情報操作に抵抗

 同じことはやはり香取がMCを務めるテレビ朝日の『SmaSTATION!!』でも起きている。退所報道後の6月24日の放送、屋上でのオープニングで香取が「16年目の『スマステ』、今夜もですね、今までどおりに、いつも以上にがんばります!」と笑顔でガッツポーズをしてみせたのだ。また、SMAP解散発表直後の『スマステ』でも、香取はゲストの東山紀之に対してわざわざ「3度目も来てください」と、今後も番組を続けたいという意思を表していたが、これらの発言も『スマステ』終了の動きに抵抗したものと受け止められている。

「『スマステ』は独立発表前の段階で日刊スポーツが終了と報道していましたし、4日のテレビ朝日の定例会見でも、亀山(慶二)専務が『まだ決まっていませんので、お答えできません』と突き放すように答えている。終了がかなり濃厚になっています」(前出・スポーツ紙・テレビ担当記者)

 また、香取がこうした発言を繰り返している背景にはもうひとつ、ジャニーズ事務所の情報操作に抵抗するという意味合いもあるという。

 ジャニーズ事務所はこの間、表向きのソフトな姿勢とは裏腹に、テレビ各局に対して、3人の番組を終了させるよう激しいプレッシャーをかけてきたという。しかも、独立騒動のときのようなファンの猛抗議を避けるため、「事務所は継続を認めたが、本人たちの希望で終了」という情報操作を行ってきた。

 とくに、SMAP解散の原因としてスケープゴートにもされていた香取については『スマステ』について「香取がやる気を失っている」という情報をしきりにリークし、週刊誌やスポーツ紙に、香取の意志で『スマステ』が終了するかのような記事を書かせてきた。

 香取としては、『おじゃMAP!!』や『スマステ』が「終了」になっても、それは自分の希望ではない、ということをどうしても表明しておきたかったというのもあるはずだ。

 香取の心境を考えると、なんともやるせない気持ちになるが、こういう状況におかれているのは、香取だけではない。稲垣吾郎の『ゴロウ・デラックス』(TBS)も打ち切りが濃厚で、5日のTBSの定例社長会見でも存続について質問が出たが、編成担当の佐野英樹取締役は「まだ決まっていることはありません。10月改編につきましては、然るべき時に発表する」としかコメントしなかった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

香取慎吾がジャニーズの圧力と『おじゃMAP!!』『スマステ』終了の動きに最後の抵抗! 放送で「末永く番組が続きますように」と祈りをのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPおじゃMAP!!ジャニーズスマステ島原らん香取慎吾の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
2 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
3 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
4 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
8 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
11 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
12 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
13 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
14 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
15 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
18 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
15「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画