安倍政権が都議選大敗ごまかすため都民ファーストと改憲加速、一方、複数メディアが安倍首相の新疑惑を取材中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
安倍政権が都議選大敗ごまかすため都民ファーストと改憲加速、一方、複数メディアが安倍首相の新疑惑を取材中の画像1
自由民主党HPより


 きのう投開票が行われた都議会議員選挙で、前々回の選挙での最低議席数38を大幅に下回る、23議席という大惨敗を喫した自民党。各局とも、投票締切時の議席予測では28から29議席を予測していたが、それをも下回る結果になった。

 まさに歴史的大惨敗だが、この結果は、都民ファーストへの支持というより、安倍政権の横暴への国民の怒りによるものであることは明らかだろう。事実、都議選の告示直後は「小池人気と都民ファースト人気が結びついていない」「オリンピック会場や豊洲市場問題のグダグダで、小池人気も昨年の都知事選時ほどではない」などといわれ、自民党と五分五分という見方が優勢だった。

 それが、加計・森友疑惑にくわえ、“総理の意向”を決定づける萩生田光一官房副長官の加計ありき“指示”疑惑、豊田真由子衆院議員のパワハラ音声、稲田朋美防衛相の応援演説での自衛隊利用発言、下村博文都連会長の加計学園からの闇献金問題など次から次へと不祥事が勃発。しかもいずれに対しても不誠実きわまりない対応をとり続けていることから、安倍自民党への国民の怒りが頂点に達した。

 もちろん怒りの対象の中心にいるのは、安倍首相だ。安倍首相は自らの不祥事と政治姿勢によりこれだけの逆風を起こした張本人であるのに加え、選挙最終日の前日、秋葉原の街頭演説では「安倍やめろ」コールに逆ギレし、あろうことか国民を指差し「こんな人たちに負けない!」と一国の総理大臣とは思えない醜態をさらし、国民の不信感にダメ押しをするかたちになった。

 実際、安倍首相が応援演説のため訪れた4人の自民党候補は、1勝3敗という惨憺たる結果。しかも1勝の文京区の中屋文孝候補もわずか3位の共産党候補に対し215票差でのギリギリ当選で、安倍首相が唯一街頭演説に立った千代田区の中村彩候補にいたっては、20時の投票締切とほぼ同時に落選確定という大惨敗だった。

 千代田区の中村候補は落選後「首相の周辺の話がいろいろと報道で出ていましたが報道で取り上げられている内容も含め、脇が皆さま甘いと思いますね。人を罵倒したりとか、お金の問題であるとか、恋愛含め人間関係の問題とか、国民の信頼を失うようなことをしている時点ですごく恥ずかしいし情けない」と安倍首相を名指しし、国会議員を痛烈に批判している。

 ところが、当の安倍首相はこんな結果になっても、まったく反省の色がなかった。なんと大敗が報じられると会見をキャンセルし、敗戦の弁も語らず、トンズラしてしまったのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

安倍政権が都議選大敗ごまかすため都民ファーストと改憲加速、一方、複数メディアが安倍首相の新疑惑を取材中のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍晋三編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 葵つかさが引退宣言?松潤のせい?
2 ネトウヨの泉放送制作デマを検証する!
3 ネトウヨ絶賛の加戸前知事証言はインチキ
4 自民党HIPHOPポスターに怒りの声
5 日野原重明氏安倍の改憲に反対を表明
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 稲田がまた…安倍のともちんラブを検証
8 坂本龍一、内田樹、久米宏が改憲批判
9 嵐の暴露本第二弾に、櫻井、松潤
10 松本人志「安倍擁護じゃない」どの口が
11 青山繁晴が前川氏に論破されてボロボロ
12 嵐メンバーの意外な恋愛事情
13 旭日旗は侵略戦争の象徴で禁止は当然だ
14 嵐の暴露本出版!メンバーの不仲話も
15 室井佑月と小林節が「まずは民進党を…」
16 公取委がSMAP問題を独禁法で調査
17 たけしがキムタクとジャニーズを批判!
18 山口の逮捕をツブした官僚が古賀茂明に
19 青山繁晴が教祖化、伝説とアート
20 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
PR
PR 飲むだけで白髪改善と髪のボリュームを取り戻せる!?
1安倍訪問中止の意図を予定国大使館がRT
2青山繁晴が前川氏に論破されてボロボロ
3沖縄いじめの一方、AKB総選挙に国費
4九州北部豪雨も安倍首相は帰国せず!
5閉会中審査で自民党が前川から返り討ち
6支持率31%、安倍退陣を求めるデモ
7自民党HIPHOPポスターに怒りの声
8室井佑月と小林節が「まずは民進党を…」
9青山繁晴が教祖化、伝説とアート
10内調が詩織さんバッシングをリーク!
11室井佑月と小林節が安倍改憲案を批判
12日野原重明氏安倍の改憲に反対を表明
13坂本龍一、内田樹、久米宏が改憲批判
14“反ヘイト”東山紀之がキャスターに
15松本人志「安倍擁護じゃない」どの口が
16稲田朋美が「普天間返還なし」
17安倍が「男たちの悪巧み」仲間を参与に
18山本地方創生相がお友だちの強制調査に
19松尾と鴻上が芸能人と政治的発言に意見
20共謀罪施行、始まっている警察の監視体制
PR
PR 飲むだけで女性のカラダの悩みを解消!?

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」