“第二の又吉”との呼び声も高い紗倉まな、最新小説の中身とは? 中3のとき不倫で家を出た父、家族を失った苦しみ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
sakuramana02_20170404.png
『凹凸』(KADOKAWA)

 人気AV女優として活動する一方、昨年には小説家デビューも果たした紗倉まな。昨年2月に出版された処女作『最低。』(KADOKAWA)は、『64-ロクヨン-前編』で第40回アカデミー賞監督賞にノミネートされた瀬々敬久監督により映画化が決定したニュースを報じられたばかりだが、そんな彼女が早くも2作目となる小説『凹凸』(KADOKAWA)を今月18日に出版した。

 前著『最低。』は、年齢も環境も違う4人のAV女優を主人公にした短編集で、作中には現役のAV女優として活動する彼女だからこそ書くことのできる「仕事観」や「人生観」といったものが色濃く反映されていた。

 紗倉はエッセイやインタビューのなかで、14歳のときに父の書斎に隠されていたAVを見たのがきっかけでAV女優に憧れ、18歳の誕生日の翌日に自らプロダクションに応募メールを送ったことで、高専在学中からAVデビューしたとの経緯をあっけらかんと告白している。

 しかし、AV業界最大手メーカーのひとつ、ソフト・オン・デマンドの専属女優として5年近く仕事をし続けていれば、そんな経緯で業界に入った彼女であっても心に抱えるものはたくさんある。親バレ問題、恋人とAV女優としての仕事との軋轢……彼女自身も抱いているのであろう、AV女優たちがもつそんな複雑な内面を仔細かつ冷静に描写した物語で、『最低。』は深い文学性を得ることに成功し、高い評価を得たわけだが、そんな心から血を流しながら生んだ前作の後で、果たして彼女に書くべきテーマがあるのだろうか? そう思いつつ『凹凸』を読んでみると、今作は『最低。』以上に心の傷をさらけ出す、壮絶な小説だった。

『凹凸』のテーマは「父」である。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

“第二の又吉”との呼び声も高い紗倉まな、最新小説の中身とは? 中3のとき不倫で家を出た父、家族を失った苦しみ…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。新田 樹紗倉まなの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
4 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
5 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
13 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
14 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
15 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画