“第二の又吉”との呼び声も高い紗倉まな、最新小説の中身とは? 中3のとき不倫で家を出た父、家族を失った苦しみ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
sakuramana02_20170404.png
『凹凸』(KADOKAWA)

 人気AV女優として活動する一方、昨年には小説家デビューも果たした紗倉まな。昨年2月に出版された処女作『最低。』(KADOKAWA)は、『64-ロクヨン-前編』で第40回アカデミー賞監督賞にノミネートされた瀬々敬久監督により映画化が決定したニュースを報じられたばかりだが、そんな彼女が早くも2作目となる小説『凹凸』(KADOKAWA)を今月18日に出版した。

 前著『最低。』は、年齢も環境も違う4人のAV女優を主人公にした短編集で、作中には現役のAV女優として活動する彼女だからこそ書くことのできる「仕事観」や「人生観」といったものが色濃く反映されていた。

 紗倉はエッセイやインタビューのなかで、14歳のときに父の書斎に隠されていたAVを見たのがきっかけでAV女優に憧れ、18歳の誕生日の翌日に自らプロダクションに応募メールを送ったことで、高専在学中からAVデビューしたとの経緯をあっけらかんと告白している。

 しかし、AV業界最大手メーカーのひとつ、ソフト・オン・デマンドの専属女優として5年近く仕事をし続けていれば、そんな経緯で業界に入った彼女であっても心に抱えるものはたくさんある。親バレ問題、恋人とAV女優としての仕事との軋轢……彼女自身も抱いているのであろう、AV女優たちがもつそんな複雑な内面を仔細かつ冷静に描写した物語で、『最低。』は深い文学性を得ることに成功し、高い評価を得たわけだが、そんな心から血を流しながら生んだ前作の後で、果たして彼女に書くべきテーマがあるのだろうか? そう思いつつ『凹凸』を読んでみると、今作は『最低。』以上に心の傷をさらけ出す、壮絶な小説だった。

『凹凸』のテーマは「父」である。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 百田尚樹「漢文授業を廃止せよ」
2 上西小百合議員が鋭すぎる共謀罪批判!
3 今村の後任、吉野は原子力村の代弁者
4 財務省の森友問題関係文書はやはり存在
5 マツコもキムタクタブーに踏み込めず!
6 たけしがキムタクとジャニーズを批判!
7 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 籠池「昭恵夫人に適時報告していた」
10 小林よしのりが国会で共謀罪に反対
11 キムタク最大のタブーとは?
12 浅田真央引退会見のNGワード
13 オザケン父と息子の鋭すぎる権力批判
14 ノブコブ徳井が復讐目的で小説を発表!
15 恩田陸が新作小説でナショナリズム批判
16 今村更迭は、安倍首相に謝罪させたから
17 「不倫学」が教える防止策とは?
18 ブルマーが強制された意外な理由とは
19 元タカラジェンヌが告白した性的虐待
20 籠池氏と財務省の面談音源が明らかに
PR
PR
1玉川徹に自民議員が共謀罪の正体を
2オザケン父と息子の鋭すぎる権力批判
3「週刊女性」が「共謀罪」を大特集
4室井「安倍を倒せ」に山本太郎の答えは
5ペギー葉山が遺した安倍政権批判の言葉
6キノコや筍を採るだけで共謀罪
7上西小百合議員が鋭すぎる共謀罪批判!
8講演で稼ぐネトウヨ文化人のビジネス
9籠池氏と財務省の面談音源が明らかに
10森友国有地取引で財務省主導の証拠が
11今村更迭は、安倍首相に謝罪させたから
12安倍政権の独裁国家並み情報隠蔽やり口
13グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
14安倍政権が関東大震災・朝鮮人虐殺を
15稲田が自衛隊と米空母の訓練を秘密に
16財務省の森友問題関係文書はやはり存在
17北朝鮮危機の最中に安倍はフィットネス
18辞任!今村復興相の差別的本質は最初から
19中川俊直不倫醜聞は自民党の体質に原因
20今村復興相がまた記者の質問を打ち切り
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」