>  >  > 安倍が「云々」を「でんでん」と読み恥

安倍首相が国会答弁で「云々」を「でんでん」と読み大恥! 他にも中学生並みの言い間違い連発、その理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
abe_170125.jpg
自由民主党HPより


 昨日24日におこなわれた参院代表質問において、またも安倍首相の口からトホホな発言が飛び出した。

 それは民進党の蓮舫代表への答弁で起こった。安倍首相の「国会でプラカードを掲げても何も生まれない」発言に対し、蓮舫代表は自民党も国会で下野時代にプラカードを掲げていたことを突っ込んだのだが、これに安倍首相は猛然と、このように反論した。

「これは一般論であって、民進党のみなさんだとは一言も申し上げていないわけであります。自らに思い当たるフシがなければ、これはただ聞いていただければいいんだろうと、このように思うわけであります!」

 野党批判となるとヒートアップするのはいつものことだが、昨日もこう喋っているうちにハイテンションに拍車がかかった安倍首相。そして、意気揚々とおなじみの「ご指摘はまったくあたりません」なる決めゼリフをぶちかまそう……としたのだが、その前に耳を疑う言葉が出てきたのだ。

「訂正でんでんというご指摘は、まったくあたりません」

 訂正……でんでん? まさか元お笑い出身の性格俳優のこと? いや、この流れで意味がわからないし。……あ、もしや「云々」を「でんでん」と読んだとか?? それ、にんべんないし、そもそも「でんでん」なんて言葉ないし!

 と、ここまで整理するのに要した時間は約30秒。しかし、テレビのなかの安倍首相は、漢字を読み間違ったことにもまったく気付かぬまま答弁をつづけたのだった。

 得意気に、かつあまりにも堂々と「でんでん」と発した口ぶりから察するに、安倍首相はこれまでも「云々」は「でんでん」と読むと勘違いしたまま齢62歳までやってきたのだろう。

 実は、安倍首相にはこれまでにも「漢字に弱すぎないか?」という疑惑があがっていた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 共謀罪で法務省がテレ朝玉川の取材拒否
2 『めちゃイケ』にジャニーズの圧力
3 レプロと幸福の科学、どっちが“ブラック”?
4 安倍晋三小学校問題を報道しないテレビ
5 「安倍晋三記念小学校」は安倍も了承
6 アパ代表「ユダヤ陰謀論」
7 南スーダン日報の隠蔽に稲田も加担
8 創価学会信者・長井秀和がタブーに言及
9 たけしがフジとジャニーズに皮肉
10 清水富美加に“洗脳”報道なしの理由
11 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
12 米山新潟知事が語った共謀罪と原発
13 石原都知事時代の贅沢三昧は舛添以上
14 高橋尚子も?パチンコ依存症の悲惨
15 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
16 関東連合元幹部がIT長者の素顔を暴露
17 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
18 グッディ!土田マジギレ真の原因
19 ジャニーズが“2.5次元”に危機感
20 “撮影NGの街”飛田新地の裏側
PR
PR
1たけしが安倍を「軍国主義」と批判!
2「安倍晋三記念小学校」は安倍も了承
3保育所で国旗と国歌強制する安倍のバカ
4安倍晋三小学校問題を報道しないテレビ
5「おしどりマコ」の原発取材
6稲田が憲法違反隠すため嘘ついたと白状
7国有地疑惑の愛国小学校と安倍の関係
8安倍政権が原発被災者を強制送還
9安倍トランプ会談を絶賛ワイドショー
10安倍はトランプにFTAを要求されてた
11稲田の憲法蹂躙発言に国会前抗議デモ
12山崎まさよしの憲法9条の歌とは?
13安倍とトランプが反マスコミで意気投合
14オスプレイ・フライトマニュアルの中身
15室井佑月が山口二郎と語る野党の闘い方
16ゴルフめぐり安倍とトランプ嘘つき合戦
17南スーダン日報の隠蔽に稲田も加担
18生前退位ヒアリングメンバーが政権批判
19米山新潟知事が語った共謀罪と原発
20安倍もうひとりの祖父の物語
PR
PR

人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」