MBAはビジネスの役に立たない! 早稲田元教授が明かす「なんちゃってMBA」教育のおサムい実情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
MBA_170116.jpg
『結論を言おう、日本人にMBAはいらない』(遠藤功/角川書店)

 卒業後2~3年で年収2000万円、将来は世界のトップ500の企業の最高経営責任者(CEO)になれるかもしれない──。ビジネスエリートの成功への夢のパスポートがMBAと言われている。

 Master of Business Administration(経営学修士)の略であるMBAは米・ハーバード大学で生まれ、企業経営幹部兼研究者の教授陣から、最新のビジネスの現場のケーススタディを学べるとあって、米国ではビジネスで成功するためには必須とされている。

 学費も高額。最も高額とされるシリコンバレーのスタンフォード大学は日本円換算で1300万円だ。欧州、中国、東南アジアなどでもビジネススクールが次々に設立され、ビジネススクール間でも熾烈な競争となっている。米国だけで毎年10万人のMBAホルダーが送り出されている。

 日本も例外ではない。1962年に創立された慶應義塾大学大学院、神戸大学大学院、一橋大学大学院、早稲田大学大学院(WBS)と続き、2003年度に文部科学省が「専門職大学院制度」を創設し、専門職大学院ブームとなり、爆発的に急増。大学数で80、毎年、日本だけでも約5000人のMBAホルダーが輩出されているのだ。日本の私立大学のビジネススクールの学費は200~400万円と本家のMBAに比べればはるかに安い。

 ところが、日本のMBAホルダーには悪夢のような現実が待っている。「MBAを取得しても給与は上がらず、逆に職探しさえ苦労する。期待と希望は、落胆と失望へと変わる。それが日本のMBA」と厳しい現実を語るのは2005年に早稲田大学ビジネススクールの教授に就任以来、名物教授として知られてきた遠藤功氏だ。

 2016年3月、定年退職年齢の70歳まで10年以上ありながら「結論を言えば、ビジネススクールという『不完全な装置』では、優れた経営者やビジネスリーダーを育てるのはできない」「MBAという『金メッキの勲章』には何の価値もない」と退任し、『結論を言おう、日本人にMBAはいらない』(角川書店)を執筆したのだ。

 遠藤氏は、「経営においては『経験』こそが最大の学び」と説き、「経験を積むことのできる『実践の場』を学生に提供できない」日本のMBAは「なんちゃってMBA」だという。

「多くの学生は、仕事のかたわらビジネススクールに在籍し、実ビジネスから隔離された教室に閉じこもり、捻出した限られた時間のなかで与えられた教科書を読み、現実感の乏しいケーススタディをこなし、卒業に必要な最低単位を取得し、MBAを手に入れる。たったそれだけの努力で『自分は“経営のプロ”になった』と勘違いする輩も多い」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

結論を言おう、日本人にMBAはいらない

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

MBAはビジネスの役に立たない! 早稲田元教授が明かす「なんちゃってMBA」教育のおサムい実情のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。小石川シンイチの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
2 リテラが躍進の立憲民主党に注文!
3 恐怖!安倍政権が存続した未来はこうなる
4 衆院選極右候補者「ウヨミシュラン」
5 安倍自民党と応援団の姑息すぎる選挙戦
6 安倍の秋葉原街頭演説が極右集会そのもの
7 安倍政権にNOを突きつける芸能人
8 中原昌也「安倍応援団はあまりに下世話」
9 安倍は経済・社会保障でも嘘つきまくり
10 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
11 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
12 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
13 平野、ケラ…作家たちが安倍政権にNO
14 見城AbemaTV安倍ヨイショとテレ朝
15 中村文則「この選挙は決定的な岐路に」
16 救う会元幹部が安倍の拉致利用に怒り
17 NHK岩田が安倍に反旗は大ウソ!
18 文春の元編集長の子どももフジに入社!
19 ナンシー関の長渕剛論がすごい
20 博士、町山が安倍と見城の癒着批判
1美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
2山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
3安倍、森友加計問題の説明する気なし
4マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
5安倍「妻は籠池さんに騙された」と言い逃れ
6高江ヘリ事故に安倍首相「功績」アピール
7田崎史郎のトンデモ安倍擁護に玉川徹が
8安倍の秋葉原街頭演説が極右集会そのもの
9中原昌也「安倍応援団はあまりに下世話」
10自民党がテレビを恫喝しネトウヨ煽動!
11加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
12安倍首相が日報問題でも口封じ人事!
13原発事故の主犯は安倍、裁判所の判断も
14中村文則「この選挙は決定的な岐路に」
15小学8年生の安倍伝記漫画が反日と炎上
16長谷川豊の自己責任論こそ維新の正体!
17ノーべル賞ICAN の足を引っ張る安倍
18安倍は経済・社会保障でも嘘つきまくり
19安倍政権にNOを突きつける芸能人
20博士、町山が安倍と見城の癒着批判

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」