SMAP最後の日に中居正広がラジオで語った木村拓哉とは対照的な言葉!「誰も悪くない」「前ばかり向けるわけじゃない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nakaikimura_160224.jpg
やっぱりSMAPのリーダー。最後の最後まで中居のSMAP愛はグループイチだった


 2016年12月31日、ついにSMAPが解散した。1月に独立解散問題が発覚して以降、ほぼ沈黙を貫いてきた中居正広だが、SMAP最後の日、ほぼまる1年に渡った解散騒動について、はじめて語った。

 同じく31日最終回となった、中居正広のレギュラーラジオ番組『中居正広のSome girl’SMAP』(ニッポン放送)でのことで、23時から30分の放送でまさに解散直前のことだった。

「僕がしゃべると、また誰かに迷惑かかるのかな。神さま、なんで僕が31日なの?」と、奇しくもSMAP解散の日である12月31日に放送があたってしまったことをつぶやいたあと、「ちょっとお話をしないといけないこともあるかな、と思っています」と切り出した。

「僕にとっては、この1年な、敏感、デリケートな日が毎日続きました。そういう日があまりに続くと、鈍感になっていく、麻痺してくるんですね。丁寧に言葉を選んだり、あまりに考えすぎると」
「もういっぱいいっぱい迷惑をたくさんかけすぎちゃってるんで、こうやってお話しするのも、私利私欲というか、自分が好かれたいとか、そんなの全くない。この期におよんで、自分だけとか、1ミリもなくなる。自分の肯定論、僕は正しい、まちがっていない、自分を認めてもらいたいがために、嘘を言ったり、人の心を踏みにじったり、群れることとかも、そういうマネはしたくない」
「自分の言動、行動、決断、すべてが正しいなんて、全然思ってない。まちがえる瞬間とか、不正解だった場面とか、ぼくはきっとあると思ってる」
「ぼくは今年44歳になりますが、今まで習ったことのない1年だった。今年過ごした1年は、教わったことのない1年だった。かけ算とか、ボールの投げ方とか、お年寄りに席をゆずりましょうとか、そいうふうに学校の先生、上司、先輩とかに教わってるから対応できるんだけど、今年1年は教わったことのない1年だった。だから全てが正しいなんて、自分が正しいなんて思ってない。人間の真価が問われる1年だった」

『SMAP×SMAP』(フジテレビ)での生謝罪のときと、『スマスマ』最終回で「世界にひとつだけの花」を歌ったとき以外は、表面的には一貫して普段と変わらないテンションを維持していた中居だが、当然ながらキツい1年だったことを吐露した。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

SMAP最後の日に中居正広がラジオで語った木村拓哉とは対照的な言葉!「誰も悪くない」「前ばかり向けるわけじゃない」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAP中居正広木村拓哉本田コッペの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
2 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
3 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
4 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
5 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
8 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
9 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
10 財務次官セクハラが海外メディアでも
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
15 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
16 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
17 高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
19 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
20 上念司もケントと同様、加計の客員教授
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8参加阻止も…官邸前デモの警備がひどい
9 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
10「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
15田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
16上念司もケントと同様、加計の客員教授
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19 財務次官セクハラが海外メディアでも
20ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!