>  >  > 阿川佐和子「友人の夫を略奪不倫疑惑」

阿川佐和子に結婚報道が浮上も、作家タブーでマスコミが避けて通る「友人の夫を略奪不倫疑惑」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
agawasawako_161128.jpg
こんなところでも作家タブーが…(毎日放送『サワコの朝』番組公式サイトより)


 エッセイスト、テレビの司会者として活躍中の阿川佐和子に結婚報道が浮上した。相手のS氏は6歳年上で、元・慶應大学教授(2013年に定年退任)。阿川本人は入籍は否定しているものの、すでに同棲しており、「結婚秒読み」の状態にあるらしい。

「お見合い失敗30回」を自称し「元祖結婚できないキャラ」だったあの阿川さんがとうとう…という感じで、多くのメディアが祝福ムードでこの話題を紹介している。

 だが、この報道、週刊誌を読むと、ちょっと奇妙な空気が漂っている。みんな何かをにおわせながら、でも決定的なことを書かない、そんな感じになっているのだ。

 第一報の「FLASH」(光文社)11月29日・12月6日号からしてそうだった。「FLASH」は「スクープ!阿川佐和子63歳!ついに結婚を明言!お相手はロマンスグレー紳士」と題し、同棲中の阿川とお相手のS氏を直撃したのだが、そこにはこんな記述があった。

〈「2人が出会ったのは30年前で、もともと阿川はSさんの奥さんと友人でした」(知人のコメント)〉
〈S氏は妻帯者だったが〉〈最近、2人の関係に進展が訪れた。S氏の離婚が成立したというのだ。〉

 もとは友人の夫で、離婚したのが「つい最近」てことは、友人からの“不倫略奪婚”ということだろう。ところが 「FLASH」はその部分をまったくツッコまず、そのまま祝福トーンで記事を締めている。

 翌週11月23日発売の「女性セブン」(小学館)も同じだった。やはり相手のA さん(S氏のこと)が友人の元夫であることを書いたうえで、Aさんの妻に直撃までしている。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 宮根誠司がアパホテルを擁護し中国攻撃
2 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
3 是枝監督「映画が日本に利用されてる」
4 あの産経が「南京虐殺40万人」と報道
5 片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
6 DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
7 吹石一恵の音痴エピソード
8 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
9 アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
10 園子温がシンゴジラと君の名は。を罵倒
11 SMAP最後の日に中居と木村が
12 グッディ!土田マジギレ真の原因
13 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
14 高橋尚子も?パチンコ依存症の悲惨
15 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
16 北原みのり逮捕の原因は安倍批判?
17 今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
18 キムタク最大のタブーとは?
19 トランプ以前から米は日本を守る気ない
20 保護なめんなジャンパーは氷山の一角
PR
PR
1室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
2室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
3トランプのマスコミ排除は日本でも
5アパホテルのトンデモ極右思想の正体
6デマ垂れ流し『ニュース女子』とDHC
7安倍政権が“国策映画”計画へ
8DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
9今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
10SUGIZOが難民問題で勇気ある発言
11メリルストリープの指摘は日本のことだ
12慰安婦少女像は反日の象徴ではなかった
13片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
14『日本会議の研究』出版禁止の不当性!
15アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
16政権が原発被害隠しにDASH村利用
17佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
18保護なめんなジャンパーは氷山の一角
19宮根誠司がアパホテルを擁護し中国攻撃
20安倍の慰安婦少女像への強行姿勢の裏
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」