宇多田ヒカルの復帰アルバムを後押ししたのは「自死遺族の会への参加」だった! 母の死を超えた先にあるもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
utadahikaru_160905.jpg
宇多田ヒカルのオフィシャルサイトより


「人間活動」から復帰した宇多田ヒカルの、8年半ぶりとなるフルアルバム『Fantôme』が、オリコン週間ランキングで堂々の1位を獲得した。現在のCD業界は、AKB48をはじめ特典商法頼みになっており、同日発売のEXILEのベストアルバムも複数枚購入をさせるための露骨な特典商法を仕掛けていた。それを抑えての1位というのは大きな意味がある。

 ただ、そのこと自体は宇多田ヒカルというアーティストの唯一無二性を考えればそう驚く話ではないのかもしれない。むしろ、私たちがびっくりしたのは、このアルバムの楽曲の中身。彼女が亡くなった母親への思いを想像以上にストレートに現していたことだ。

 今年4月に先行発表されていたNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の主題歌「花束を君に」、『NEWS ZERO』 のテーマソング「真夏の通り雨」、そして、〈私の心の中にあなたがいる いつ如何なる時も 一人で歩いたつもりの道でも 始まりはあなただった〉と力強く歌い上げたアルバム1曲目の「道」。これらはどう聴いても、母・藤圭子へのレクイエムとしか思えないものだった。

 しかも、そのことは、宇多田自身も様々なインタビューではっきり認めている。「SWITCH Vol.34 No.10」(スイッチ・パブリッシング)のインタビューではこう語っていた。

「母に向けて歌うことを選ぶとか避けるというよりも、そこに向かう以外に自分の中で選択肢そのものがなかった。だからアルバムを作ること自体に責任のようなものを強く感じていました。母に捧げるという意識で作る以上、『下手なモンは作れないぞ』と、どこか張り詰めていましたね」

 さらに「ぴあMUSIC COMPLEX Vol.6」(ぴあ)ではこんなエピソードも公開していた。

「実は、自死遺族の会合に一時期通ったんですよ。「花束を君に」を書いたあとだったから、その時点ではもう落ち着いていた時期だったんですけど、時々ガクっと落ちてしまう時があって、マズいなって思って通い出したんですが、そこで「亡くなった人に手紙を書くと気持ちが整理できて、伝えられた気持ちになるし、スッキリするからいよ」って言っている方がいて。ああ、それは私、「花束を君に」で思いっきりやったじゃんってことに気づいて」(前掲「ぴあMUSIC COMPLEX Vol.6」)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

宇多田ヒカルの復帰アルバムを後押ししたのは「自死遺族の会への参加」だった! 母の死を超えた先にあるもののページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。とと姉ちゃん宇多田ヒカル藤圭子酒井まどの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 欅坂46平手友梨奈“異変”FNSでも?
2 富岡八幡宮殺傷事件犯人の日本会議活動
3 ICAN無視の安倍政権に吉川晃司が
4 北九州一家殺害事件犯人の息子の証言
5 松本人志「安倍擁護じゃない」どの口が
6 “国会王子”TBSの武田記者がDVで警察に
7 不正入札、リニア新幹線はアベ友利権だ
8 BPOが「ニュース女子」のデマ検証
9 百田尚樹が沖縄保育園事故を「捏造」と攻撃
10 結婚した女性を解雇するマタハラ会社
11 ICANノーベル賞授賞式を日本マスコミが無視
12 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
13 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
14 松本人志が「冤罪あっても」共謀罪支持
15 生活保護カットで他の低所得者も困窮
16 アンゴラ村長「顔や生まれ蔑む笑い」批判
17 さんま「戦争に税金使うな」と国税に抗議
18 安倍が横田早紀江さんを無視している
19 ペジー社・齊藤容疑者が櫻井よしこと
20 町山、ロマン、水道橋、春日、豪の論戦
1田崎とケントに自民党からカネが!
2さんま「戦争に税金使うな」と国税に抗議
3ICAN無視の安倍政権に吉川晃司が
4安倍が横田早紀江さんを無視している
5ICANノーベル賞授賞式を日本マスコミが無視
6山口敬之との関係を質された安倍首相が
7山口敬之氏のスポンサーが逮捕された!
8義家前文科副大臣が学校法人から献金
9 不正入札、リニア新幹線はアベ友利権だ
10昭恵の無神経と籠池夫妻の勾留長期化
11北朝戦争に”NO”を言わない安倍政権
12ペジー社・齊藤容疑者が櫻井よしこと
13生活保護カットで他の低所得者も困窮
14ノーベル賞授賞式で被爆者出席も安倍政権が
15富岡八幡宮、祖父は日本会議前身の中心
16SF慰安婦像問題と日本の歴史修正主義
17エルサレム問題で安倍がトランプのポチ
18百田尚樹が沖縄保育園事故を「捏造」と攻撃
19大林宣彦「青春は戦争の消耗品ではない」
20 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

ブラック企業被害対策弁護団

"驚愕のブラック"マッサージチェーン! 4日間睡眠時間ゼロの社員研修、会議の締めに男性社長と強制ハグ...

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」