>  >  > 安倍がFacebookで報ステ党首討論攻撃

『報ステ』党首討論“1分遅れにブチ切れ”安倍首相がFacebookでさらに番組攻撃! 詭弁と嘘だらけの言い分に愕然

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
abe_160614.jpg
自由民主党HPより


 逆ギレクレームに他党攻撃のデマまで撒き散らす……これのどこが「美しい国」の首相の姿なのか?

 6月21日にテレビ朝日『報道ステーション』で放送された9党党首会談。収録後、安倍首相が“プッツン”。「ちょっと6時に出なきゃいけないんだよ、飛行機の問題があるから!」とわめき散らしたのだが、議論をダラダラ引き伸ばしたのは安倍首相本人であり、理不尽極まりない逆ギレであることは放送を見れば誰の目にも明らか。ネット上では、〈ひどい自己チュー〉〈一国の首相として恥ずかしくないかい〉などと非難が殺到した。

 ところが、安倍首相は、そうした自分の子どもじみたブチ切れクレームを反省するどころか、Facebookでさらにネチっこくテレ朝と民進党に絡み始めた。

 昨日22日のことだ。〈…秘書です。〉との書き出しで始まる投稿はこう続く。

〈皆様からご心配やご質問を数多く頂戴し、某党の党首の方が「相当文句を言っていた。あれが首相の姿かと思うとがくぜんとする」などと述べられている「報道ステーションにおける党首討論」の件に関しまして、一言申し上げます。
 報道ステーションの対応にはあきれました。まず時間を守らない。昨日(21日)は「大分へのフライトの関係で18時終了を厳守して欲しい。」と出演交渉をしたところ、テレビ朝日側が「18時の終了を厳守するのでやりたい。」との収録時間の厳守を条件に了解しました。
 にも関わらずこちらが席を立たなければならない事をわかっていて18時を過ぎてから質問を投げかけ、あたかもこちらが打ち切った様な印象を与える演出は卑怯です。〉

 いやいや、一体どんな思考回路をしていれば、こんな逆ギレに次ぐ逆ギレができるのか……。そもそも、時間をオーバーしたのはたった1分だし、それも繰り返すが、討論中に安倍首相が一方的に自分の主張ばかりがなり立てたせいだ。理不尽にもほどがあるが、しかし、安倍首相のFacebookの書き込みはさらにこう続く。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 ロンブー亮の芸能タブーツイートと松本
2 百田尚樹が今度は被害妄想的テレビ攻撃
3 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
4 統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
5 『王様のブランチ』MC渡部の情報力
6 宮根誠司がアパホテルを擁護し中国攻撃
7 キムタク最大のタブーとは?
8 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
9 アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
10 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
11 DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
12 SMAP最後の日に中居と木村が
13 たけしがキムタクとジャニーズを批判!
14 是枝監督「映画が日本に利用されてる」
15 室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
16 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
17 片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
18 水木しげるが描いた慰安婦「地獄だ」
19 SMAPの寂しすぎる最後は仕方ない!
20 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
PR
PR
1室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
2室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
3トランプのマスコミ排除は日本でも
5アパホテルのトンデモ極右思想の正体
6DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
7安倍政権が“国策映画”計画へ
8今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
9片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
10メリルストリープの指摘は日本のことだ
11宮根誠司がアパホテルを擁護し中国攻撃
12慰安婦少女像は反日の象徴ではなかった
13アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
14政権が原発被害隠しにDASH村利用
15佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
16保護なめんなジャンパーは氷山の一角
17安倍の慰安婦少女像への強行姿勢の裏
18是枝監督「映画が日本に利用されてる」
19統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
20橋下がトランプ擁護“メディアは打ち首”
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」