>  >  > 日本会議の抱える“後ろめたさ”とは?

『日本会議とは何か』著者・上杉聰インタビュー

「日本会議はものすごい“後ろめたさ”を抱えている」先駆的研究者・上杉聰が語る日本会議の最大の問題とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
nipponkaigitohananika_01_160620.jpg
『日本会議とは何か』(合同出版)

 近年、安倍政権との深いつながりに注目が集まり、その正体を探る動きが高まっている、日本最大の右派団体「日本会議」。出版界も例外でなく、5月に発売された著述家の菅野完による『日本会議の研究』(扶桑社)を皮切りに、今後も各社から“日本会議本”が登場する予定だ。

 そんななか、約20年前から日本会議とその周辺の動向にいち早く気付き、注視し続けてきたひとりの研究者が、先日、『日本会議とは何か 「憲法改正」に突き進むカルト集団』(合同出版)という本を上梓した。部落史研究家で「日本の戦争責任資料センター」事務局長の上杉聰だ。6月、大阪の上杉の研究室を訪れた。

………………………………………………………

■「日本会議をたとえるなら“怪人二十面相”です」

 コーヒーを淹れながら、そう語り始めた上杉。『日本会議とは何か』でその結成の歴史を振り返りながら、とりわけ、日本会議が「千載一遇の機会」とする安倍政権下での改憲と、その下地作りである教科書採択運動について、強く警鐘を鳴らしている。「日本会議というものを正確に捉えるためには、複眼的な視点が必要」と上杉は言う。

「日本会議が進めている運動には、憲法改正と天皇『元首』化、歴史認識と教育、靖国神社や夫婦別姓反対、領土問題や安全保障など多数ありますが、彼らは課題ごとにそのつど運動の前面に立つ組織を結成します。だからみんな同一の人物がやっている素の顔になかなか気付かない。たとえば改憲であれば『美しい日本の憲法をつくる国民の会』、教育分野では『日本教育再生機構』などですね。みんな日本会議による運動の一環であることを社会的に秘密化しているのです」

 昨年11月、東京・日本武道館で1万人超の改憲大集会を開催した「美しい日本の憲法をつくる国民の会」の共同代表には、こっそりと日本会議会長の田久保忠衛、同名誉会長の三好達が名を連ねている。会場には日本会議国会議員懇談会に所属する政治家が多数詰めかけ、安倍晋三首相も改憲への意気込みをビデオメッセージで送ったが、一般の参加者に対しては後日、日本会議事務局から会員として勧誘する封筒が届けられる仕組みになっていた。

 しかし、こうした集会における“表の顔”は、櫻井よしこら文化人や保守論壇で活躍する大学教授などの知識人が担っている。なぜか。

「日本会議に集う文化人や財界人は、社会向けの権威付け、つまり広告塔にすぎません。ここにも日本会議が“宗教団体の連合体”であることをひた隠しにしたい強い意思が垣間見えます。この“徹底した秘密主義”が日本会議の特徴です。実際には、日本会議の役員には神社本庁、霊友会、佛所護念会、崇教真光、念法真教、黒住教、倫理研究所、モラロジー研究所などの宗教団体幹部が数多く名を連ねています。こうした宗教団体は、私が日本会議周辺を調べ始めた18年前から信者を秘密のうちに大量に動員していましたよ。そして、その巨大な動員力を見せびらかしてロビイングすることが日本会議の政界への影響力に直結しています。当然、投票への期待につながるからです。これらの諸団体や多面的な運動を統括するのが、事務総長の樺島有三ら生長の家の旧学生グループ、日本青年協議会です。彼らが事実上の日本会議の事務方ですが、普段は決して表にでてこない。この秘密主義は“意外な効果”をもたらしています」

この記事に関する本・雑誌

日本会議とは何か: 「憲法改正」に突き進むカルト集団 (合同ブックレット)

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 ロンブー亮の芸能タブーツイートと松本
2 百田尚樹が今度は被害妄想的テレビ攻撃
3 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
4 統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
5 『王様のブランチ』MC渡部の情報力
6 宮根誠司がアパホテルを擁護し中国攻撃
7 キムタク最大のタブーとは?
8 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
9 アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
10 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
11 DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
12 SMAP最後の日に中居と木村が
13 たけしがキムタクとジャニーズを批判!
14 是枝監督「映画が日本に利用されてる」
15 室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
16 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
17 片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
18 水木しげるが描いた慰安婦「地獄だ」
19 SMAPの寂しすぎる最後は仕方ない!
20 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
PR
PR
1室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
2室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
3トランプのマスコミ排除は日本でも
5アパホテルのトンデモ極右思想の正体
6DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
7安倍政権が“国策映画”計画へ
8今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
9片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
10メリルストリープの指摘は日本のことだ
11宮根誠司がアパホテルを擁護し中国攻撃
12慰安婦少女像は反日の象徴ではなかった
13アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
14政権が原発被害隠しにDASH村利用
15佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
16保護なめんなジャンパーは氷山の一角
17安倍の慰安婦少女像への強行姿勢の裏
18是枝監督「映画が日本に利用されてる」
19統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
20橋下がトランプ擁護“メディアは打ち首”
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」