お前らに舛添を責める資格はない…自民党の地方議員はトンデモだらけだ!「同性愛者は異常動物」「早く中出しさせて〜」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
jimintou_160616_top.jpg
自由民主党HPより


 政治資金問題で窮地に立つ舛添要一東京都知事だが、ついに辞職に追い込まれた。舛添の疑惑については、テレビや新聞が狂ったように喚き続けてきたので、今更コメントするつもりはないが、この間、騒動を見ていて、改めてうんざりさせられたことがある。それは、途中で手のひらを返し、舛添追及に転じた自民党都議会議員たちのレベルの低さだ。

 自分たちが擁立したことを棚上げして追及をするのはいいとして、肝心の質問の中身はスカスカ。返り血を浴びるのが怖いため具体的な疑惑にはほとんど触れられない。中には、“極右オヤジ”丸出しの演説を繰り広げる議員もいた。

 たとえば、典型だったのが、テレビで生中継された6月8日、最初に一般質問に立った自民党の来代勝彦都議だろう。舛添の疑惑にはほとんどふれず「日本人は世界に誇る道徳の持ち主のはず」「戦後日本では個人主義が走り過ぎた」などといったスピーチを延々続けたのだ。

 視聴者も「問題はそこじゃないだろ!?」とつっこんでしまったと思うが、いま、都議会自民党には、こういう頭の悪いネトウヨまがいの“極右オヤジ”がやたら跋扈している。

 一昨年、セクハラやじ騒動を引き起こした都議会議員もそうだった。登壇した塩村文夏都議に対して、「早く結婚したほうがいいんじゃないか!」「子供を産めないのか!」とセクハラかつ女性差別のやじを公然と放った鈴木章浩都議。彼は、自民党の責任を追及され一度は会派を離脱したが、昨年夏にこっそり自民党に復帰している。

 また、この問題を受け、約5年ぶりに再開された「男女共同参画社会推進議員連盟」の議連会長に就任した自民党の野島善司都議も、「(僕だって)『まだ結婚しないの』と言いますよ。平場で」と発言し、自民党のグロテスクな女性蔑視を露わにした。

 こうした自民党の女性蔑視&保守オヤジ的価値観は、もちろん都議会に限ったことではない。実は、安倍政権になってからというもの、全国の地方議会で、自民党系議員によるトンデモやじや差別発言が頻発。そのグロテスクな極右趣味が次々と露わになっている。なかでも最近集中しているのが、同性愛やLGBTに対する差別だ。

 たとえば昨年12月10日には、自民党の藤墳守岐阜県議が議会で「同性愛は異常」というやじを放った。藤墳氏はその後の会見でも「子どもができない結婚を社会が認めれば世の中どうなるか。子どもを作ることは社会に対する責任だ」「(同性愛が)社会に蔓延していくことへの危機感は持っている」などという暴言を連発した。

 同じく昨年12月には、神奈川県の鶴指真澄海老名市議が、ツイッターで、同性愛者について「生物の根底を変える異常動物だ」などと発言し炎上。鶴指氏は無会派だが「かながわ自民党市町村議員協議会」に所属しており、実質的には自民党系地方議員。選挙の際には地元選出の甘利前経済再生相も駆けつけたという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

お前らに舛添を責める資格はない…自民党の地方議員はトンデモだらけだ!「同性愛者は異常動物」「早く中出しさせて〜」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。宮島みつや自民党の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍政権が福井国体を戦前賛美に利用
2 茂木人づくり相の公選法違反に新証拠
3 ナチス礼賛、高須院長がまた訴訟恫喝!
4 加計学園獣医学部施設の設計図疑惑
5 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
6 高校生平和大使の演説中止と安倍政権
7 三浦瑠麗が戦前賛美、その御用学者体質
8 ローラが所属プロに奴隷契約の終了を
9 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 吉永小百合が「9条は変えさせない」
12 ウーマン村本こそ“最強反戦芸人”だ!
13 Nスペ731部隊検証にネトウヨ錯乱!
14 松本人志追及に井上公造が「圧力ない」
15 『永遠の0』は恐い!元特攻要員が批判
16 日本の外務省が文大統領と同様の発言
17 春樹『騎士団長殺し』と南京虐殺描写
18 トランプ差別発言に有本香と玉川徹が
19 ネトサポの親玉が愛人に告発された
20 欅坂46平手欠席の背景にブラック労働
1ウーマン村本こそ“最強反戦芸人”だ!
2 Nスペ731部隊検証にネトウヨ錯乱!
3久米宏、さんま、村本も東京五輪批判
4綾瀬はるかが毒ガス製造の元兵士を取材
5テレ朝が萩生田に全面謝罪した背景
6三浦瑠麗が戦前賛美、その御用学者体質
7高橋洋一ら安倍応援団が特区ビジネス
8市原悦子が語る戦争と安倍政権への怒り
9長崎のメッセージも安倍には届かず!
10 高校生平和大使の演説中止と安倍政権
11グアム北ミサイルは存立危機事態でない
12トランプ的どっちもどっち論横行の日本
13仲代達矢と桂歌丸が語った戦争体験
14寂聴「憲法を汚した安倍は世界の恥」
15手塚治虫が描いた戦争をいま読み直す
16閉会中審査、小野寺防衛相も隠蔽体質
17 ナチス礼賛、高須院長がまた訴訟恫喝!
18加計学園獣医学部施設の設計図疑惑
19幹部から新人までほとんどが商売右翼
20安倍政権が福井国体を戦前賛美に利用
PR
PR 飲むだけで女性のカラダの悩みを解消!?

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」