ディズニー値上げで「高すぎる」「サービス悪い」と批判の声が続々! 他にもファン騙しお金落とさせる手口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
disney_160612.jpg
『あなたが知らないディズニーランドの新常識44』(堀井憲一郎/新潮社文庫)

 2015年の入場者数で、東京ディズニーシーがユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に抜かれ、東京ディズニーランドも前年より4%の入場者減。この背景には、USJの仕掛けもさることながら、やはり、東京ディズニーリゾートのサービスの低下が大きく関係しているのではないか、と言われている。

 実際、4月の料金値上げ以降、評判はさらに悪くなり、東京ディズニーリゾートの公式Facebookには、こんなゲストからの感想が集まっている。

「これ以上人が増えて、料金が上がったら何も楽しめなくなる…子連れなら尚更。最近料金だけ上がって質が下がってるもんなぁ」
「昔のアトラクションのほうが手がこんでたのに、最近お金かけてなんぼになってる気がする。。。キャストさんもなんか質落ちたし。もう少し考える視点変えてみて欲しいです」

 また、ディズニーリゾートの労働環境の改善を求めて従業員が結成したオリエンタルランド・ユニオンにも、最近のディズニーリゾートへの不満の声が寄せられているという。

「4月から料金を値上げしたにもかかわらず、キャストのサービスの質が低下しているというのです。あるレストランで接客係に水を何度もこぼされたとか、アトラクションの行列待ちでは、通り過ぎるキャストと何度もぶつかったなど。値上げしたにもかかわらず、キャストを増やさず、相変わらずキャスト不足の状態が続いている。そのため、ゲストの不満が高まっているのではないでしょうか」(オリエンタルランド・ユニオン)

 欲深なテーマパークにいよいよファンも夢から目覚め始めたか、という感じだが、この料金値上げ以外にも、ディズニーには、まだゲストの気づいていない、やらずぼったくり商法がそこかしこにちりばめられているらしい。その事実を指摘しているのが、『あなたが知らないディズニーランドの新常識44』(堀井憲一郎/新潮社文庫)だ。

 同書は、ディズニーランドには20年、ディズニーシーには15年、足繁く通い調査してきた著者によるお役立ちディズニーリゾートガイドだが、ところどころ、オリエンタルランドが聞いたらクレームをいれそうな刺激的な内容が入っているのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

あなたが知らないディズニーランドの新常識44 (新潮文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ディズニー値上げで「高すぎる」「サービス悪い」と批判の声が続々! 他にもファン騙しお金落とさせる手口のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ディズニー小石川シンイチ新潮社の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
2 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
3 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
4 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
10 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
11 財務次官セクハラが海外メディアでも
12 麻生太郎が愛人の店に2360万円
13 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
16 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17 雪印告発の社長が中国産野菜告発
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
20 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
17自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!