アイドルが太って何が悪い! モー娘。鈴木香音を卒業に追い込んだものとは? 体重の増減がニュースに、リバウンドで謝罪…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
suzukikanon_160527_top.jpg
ハロー!プロジェクトオフィシャルサイトより


 モーニング娘。'16の新曲「泡沫サタデーナイト!」が「『LOVEマシーン』の再来か?」と、いま話題を集めている。楽曲はモー娘。王道のディスコファンクで、あの小林克也も「すげぇ。ノリがすごいや」と絶賛。また、PVが公開されるや否や印象的なフォント処理を用いた通称「泡沫コラ」がSNS上で盛り上がり、ジャニーズグループや「おそ松さん」バージョンが次々に投稿されるなど、別ジャンルのファンをも巻きこんでいる。

 だが、そんななかにあって、今月いっぱいで“ズッキ”こと鈴木香音が卒業。今晩5月27日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日)が、ズッキにとって最後のテレビ生出演となる。

 ズッキといえば “ぽっちゃりアイドルの代表的存在”として、現在のモー娘。でいちばんの知名度を誇るメンバー。とくにここ近年は彼女の体重の増減がつねにYahoo!ニュースに取り上げられ、バラエティ番組でも、ナインティナインの岡村隆史に「あなた、なかなかガタイデカイね、なかなかの娘さんやね」といじられ、極楽とんぼ・加藤浩次には「リック・ドム」などと名付けられたが、対するズッキも自ら「モーニング娘。のドラえもんです」「NGなしアイドル」と公言し、キャラを確立させてきた。

 ズッキがモー娘。に9期メンバーとして加入したのは、12歳のときのこと。父親との山登りで体重を絞ってオーディションに参加したというが、本人いわく、もともとぽっちゃり体型。デビュー後は徐々に体重が戻っていったようだが、そのためにネット上では「アイドルの自覚なし」「体重管理もできないようではプロ失格」などと中傷を受けることも多く、ぽっちゃりキャラが浸透し「笑顔がかわいい!」「ほかにはいないキャラ」と認知度を上げる一方で「完全に開き直っている」「努力しないアイドルなんていらない」などと非難する声も大きかった。

 どんなに明るく振る舞っていても、現在まだ17歳の彼女がどれだけ傷ついてきたか、想像に難くない。実際、ズッキはこんな胸の内をあかしている。

〈世の中には人が傷つくような事を平気で言える人も居ますが、私は強くなったので、そんなこと言われたって 自分の成長のための言葉だって思えちゃいます!!!!!!!!!!〉(2014年9月23日ブログより)
「(オーディションに受かったとき)12歳の私はただただうれしくて、先につらいことや大変なことがあるなんて考えもしませんでした。見えていたのは夢と希望だけ」(東京スポーツ2016年5月25日インタビューより)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

アイドルが太って何が悪い! モー娘。鈴木香音を卒業に追い込んだものとは? 体重の増減がニュースに、リバウンドで謝罪…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ハロープロジェクト大方 草の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
5 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
10 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
13 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
14 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
15 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
16 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
17 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
18 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 財務次官セクハラが海外メディアでも
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
15田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
16上念司もケントと同様、加計の客員教授
17セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
18羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
19高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
20自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした