“アイドル”刺傷事件は警察のずさんな対応に責任あり! 目くらまし「ファンとの距離の近さ」議論に騙されるな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
idol_160524.jpg
ストーカーに対する警察の対応はいつになったら改善されるのだろうか?(YouTube「ANNnewsCH」より)


 今月5月21日、タレント活動をしている冨田真由さんが、イベントの行われる予定だった東京都小金井市のライブハウスに会場入りするところを待ち伏せされ、ファンであった岩埼友宏容疑者から20カ所以上もナイフで刺され重体となった事件。

 この事件の報道を通じ、SNSにより芸能人とファンの心の距離があまりにも近くなり過ぎ、疑似恋愛をこじらせてしまいやすい環境ができあがっていることや、2014年5月に岩手県の握手会会場でAKB48のメンバーが切りつけられた事件などを引き合いに出し、アイドルとファンによる「握手会」の撤廃を求める声などがメディアを通じて多数出てきている。確かに今回起こってしまったのはあまりにも痛ましい事件で、これから芸能プロダクションやイベント関係会社は、より一層の危機管理体制を敷くことが求められるものではある。

 だがよく考えれば、SNSによりファンとの距離感が近くなったのは、なにも「アイドル」に特化した問題でもない。役者、作家、映画監督、漫画家、スポーツ選手……現在人前で表現活動をしている人でSNSを利用していない人の方が少なく、このような事件はどのジャンルの人が相手でも起こり得るものである。たとえば、作家の出版記念サイン会、映画の舞台挨拶、スポーツの試合会場、事前に興行の告知があるイベントであればどこで起きてもおかしくない事件であった。

 今回、問題視すべきは、そんなアイドルとファン云々という話より、警察の対応の方ではないだろうか?

 盛んに報道されている通り、冨田さんは今月9日、武蔵野署を訪れて、岩埼容疑者からツイッターを通して脅迫文が送られてきていることを相談している。

 実際、岩埼容疑者のものと言われているツイッターアカウントを見ると(現在は凍結されている)、プレゼントを送り返されたことに逆上し、延々と脅迫めいた罵倒のリプライを送信し続けている。たとえば、先月28日には「渋谷青山通り郵便局から荷物が届きました。差出人不明。腕時計と本3冊が入ってました。わざわざ送ってくれなくても取りに行きましたよ?ほんと、嫌な女。それから蜷川実花の言葉集はどうしました?全部返すならそれも忘れずに」とコメント。また、同日には「ごめんね。そのうち死ぬから安心してね(●^ー^●)ごめんね」といった、自殺予告なのか殺害予告なのかどちらともつかぬ物騒なコメントも残し、その後、冨田さんは警察に相談に行っている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

「ストーカー」は何を考えているか (新潮新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

“アイドル”刺傷事件は警察のずさんな対応に責任あり! 目くらまし「ファンとの距離の近さ」議論に騙されるなのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。新田 樹警察の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
2 日本の外務省が文大統領と同様の発言
3 トランプ差別発言に有本香と玉川徹が
4 『永遠の0』は恐い!元特攻要員が批判
5 Nスペ731部隊検証にネトウヨ錯乱!
6 吉永小百合が「9条は変えさせない」
7 ウーマン村本こそ“最強反戦芸人”だ!
8 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 欅坂46平手欠席の背景にブラック労働
11 トランプ的どっちもどっち論横行の日本
12 綾瀬はるかが毒ガス製造の元兵士を取材
13 テレ朝が萩生田に全面謝罪した背景
14 中居ジャニーズ残留とキスマイ
15 幹部から新人までほとんどが商売右翼
16 工藤静香が『Mステ』で二宮に姐御発言
17 寂聴「憲法を汚した安倍は世界の恥」
18 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
19 水木しげるが描いた慰安婦「地獄だ」
20 日本政府がつくったGHQ専用慰安婦
1吉川晃司が安倍の核禁止条約拒否を批判
2ウーマン村本こそ“最強反戦芸人”だ!
3 Nスペ731部隊検証にネトウヨ錯乱!
4菅官房長官が壊れ始めた!トンデモ会見
5長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
6加計幹部が官邸訪問、安倍と下村が
7久米宏、さんま、村本も東京五輪批判
8綾瀬はるかが毒ガス製造の元兵士を取材
9テレ朝が萩生田に全面謝罪した背景
10高橋洋一ら安倍応援団が特区ビジネス
11市原悦子が語る戦争と安倍政権への怒り
12長崎のメッセージも安倍には届かず!
13安倍応援団が発狂状態でメディア攻撃
14グアム北ミサイルは存立危機事態でない
15仲代達矢と桂歌丸が語った戦争体験
16トランプ的どっちもどっち論横行の日本
17寂聴「憲法を汚した安倍は世界の恥」
18手塚治虫が描いた戦争をいま読み直す
19閉会中審査、小野寺防衛相も隠蔽体質
20幹部から新人までほとんどが商売右翼
PR
PR 飲むだけで女性のカラダの悩みを解消!?

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」