フジ番組審議会で林真理子が月9『いつ恋』めぐり暴言! 介護職という設定に「あの容姿ならもっとラクな仕事ある」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
itsukakonokoi_10_160314.jpg
フジテレビ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』番組サイトより


 有村架純、高良健吾主演のフジテレビ月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』。現在、平均視聴率は9%台と振るわず、くわえて有村が介護職、高良が引っ越し業と、それぞれ厳しい労働環境のなかで苦しい生活を強いられていることもあって、「暗すぎる月9」と呼ばれている。

 そんななか、この『いつ恋』が議題となった2月のフジテレビ番組審議会で、さる“有識者”からこんな声があがった。

「ちょっと職場が過酷すぎて、いくらなんでも看護師の職場、あれだったら訴えられるんじゃないかというくらい。ブラック企業そのままのあの引っ越し屋さんも変」

 こう発言したのは、フジの番組審議委員である作家の林真理子。しかも驚くべきことに、林はつづけて、こんな言葉で苦言を呈したのだ。

「これだけ二人とも素晴らしい容姿をしていたら、ガールズバーへ行くとか、ショップの販売をするとか、いくらでも楽な労働があるだろうと思ってしまう」

 有村や高良レベルの美人・イケメンなら、介護や運送業に就かずに水商売とか販売とか、“楽な仕事”をやればいいのに──。職業差別や仕事への貴賤意識が滲み出すぎていて、正直ドン引きを禁じ得ない発言である。

 まず、林の指摘と同様に、介護施設で契約社員として働く主人公の劣悪な労働環境の描き方に対しては、公益社団法人日本介護福祉士会が「影響の大きさも考えて頂きたい」という意見書をフジに提出。だが、視聴者のあいだからは「これが介護現場の実態」という声も大きい。ドラマでは規則外勤務を平気で強いられたり、契約社員が使い捨てられたり、時給がまったく上がらないなどの描写が出てくるが、いずれも実際の介護施設で日常的に頻発している問題。「職場が過酷すぎて」と林は言うが、これが日本の現実なのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

フジ番組審議会で林真理子が月9『いつ恋』めぐり暴言! 介護職という設定に「あの容姿ならもっとラクな仕事ある」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。フジテレビ介護林真理子格差水井多賀子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
12 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
13 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
20 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
8加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
9下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画