>  >  > 林真理子がなんとキムタク批判!

SMAPファンの大御所作家・林真理子がなんと木村拓哉を批判! 「生謝罪のキムタクの“ドヤ顔”は演技じゃない」

【この記事のキーワード】, ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hayashikimura_160225_top.jpg
左・林真理子 ブログ あれもこれも日記より


 年始から日本を大いに揺るがしたSMAP解散騒動。メンバーたちは“平常運行”を装ってドラマやバラエティ、ラジオ番組への出演をつづけているが、綻びはミエミエ。事実、5人揃っての『SMAP×SMAP』(フジテレビ)では、先週15日放送の「ビストロスマップ」において、香取慎吾が木村拓哉と距離を取る姿に「痛々しくて観ていられない……」という声がネット上に溢れた。こうしたギスギスした関係を表沙汰にしたくないのか、今週は2011年の震災発生でお蔵入りとなったVTRをいまごろ持ち出して放送する始末だ。

 どう見ても、キムタクvs中居ら4人という対立関係は継続しているようにしか思えないが、そんななか、またあの人がSMAP問題に言及。なんと“キムタクが悪い”と暗に木村批判を行ったのだ。

 それは、SMAP解散騒動勃発時から発言しつづけている作家の林真理子。林は「週刊文春」(文藝春秋)2月11日号に掲載された自身の連載コラムで、冒頭からSMAP騒動にふれ、〈ファンの人の心のなりたちといおうか、なんといおうか巨大な“買いかぶり”にはとてもついていけない〉と吐露している。

 ファンの“巨大な買いかぶり”というのは、ネット上で話題を呼んだ熱烈ファンによる「木村さん。あなたは、完璧な演技をしましたね」という文章のこと。木村がひとり悪者となって独立を画策したメンバーをかばった、という主旨のものだ。

 このファンの見立てに、林は噛みつく。

〈あの会見のキムタクのドヤ顔は、自己犠牲に基づいたお芝居だというのである。
 ふうーん、なんという深読みであろうか。
 私は先週のこのコラムで、
「シロウトが、いろいろ臆測し過ぎる」
 と言ったが、これもそんな気がするけれど〉

〈キムタクのドヤ顔〉と表現しているあたりに林の“キムタク擁護論”への反発がよく表れているが、さらに林は文章をこう締めくくるのだ。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 オバマ訪広でNYTが安倍の右翼性批判
2 安倍が原爆被爆者訪問をやめて散髪に
3 サミット中の福島原発「作業休止」の裏
4 安倍首相のサミット発言に「ル・モンド」が
5 貧困層ワリキリ女性が自民党支持、なぜ?
6 オバマ広島訪問と安倍の被爆者冒涜
7 上原亜衣は? AV女優の引退後
8 AKB卒業の高城亜樹とナベプロの嘘
9 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
10 大森靖子「小6のときレイプされて」
11 石原伸晃が舛添批判…でも父親はもっと
12 米兵にレイプされた女性が日米を告発
13 さんまもハマったAV女優紗倉まなの闇
14 石原都知事時代の贅沢三昧は舛添以上
15 モー娘。鈴木卒業とアイドル体重問題
16 竹田恒泰のヘイト、父親・恒和の嘘八百!
17 AV監督とAV女優夫婦のマル秘生活
18 宇野常寛がNHKの自主規制を暴露
19 安倍がサミットで伊勢神宮訪問ゴリ押し
20 性差別なくす秘策は「男の肛門開発」!?
PR
PR
1明石家さんまが東京五輪開催を批判!
2沖縄の女性殺害で読売が「米軍」を封印
3高市早苗が政治資金不正で刑事告発!
4安倍首相のサミット発言に「ル・モンド」が
5『笑点』卒業の桂歌丸が戦争に危機感
6東京五輪の賄賂疑惑と電通側のキーマン
7創価学会で反安倍、反執行部クーデター
8大企業と富裕層に優しい安倍政権の税制
9安倍首相がまた「私は立法府の長」発言
10オバマ訪広でNYTが安倍の右翼性批判
11安倍が原爆被爆者訪問をやめて散髪に
12沖縄事件で暴言!報ステ後藤謙次の正体
13小保方さんが寂聴と対談!若山教授批判
14石原伸晃が舛添批判…でも父親はもっと
15山本太郎「日本会議に負けるな」
16次期外務省トップに舛添以上の金銭疑惑
17オバマ広島訪問と安倍の被爆者冒涜
18竹田恒泰のヘイト、父親・恒和の嘘八百!
19舛添問題で石原良純が挙動不審に!
20宇野常寛がNHKの自主規制を暴露
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」