山里亮太が“アイドルに飽きた”は本当だった! 吉田豪・小出祐介との鼎談で「あのときの熱はない」発言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nankaicandies_01_160102.jpg
吉本興業株式会社HP「南海キャンディーズ」芸人プロフィールより


 南海キャンディーズの山里亮太といえば、芸能界の中でも、指折のアイドル好きとして知られているが、その山里がアイドル専門誌「B.L.T.」(東京ニュース通信社)3月号で行った鼎談がファンの間で話題を呼んでいる。

 相手は、メジャーからインディーズまで数々のアイドルをインタビューし続けてきた吉田豪、アイドルへの楽曲提供も盛んに行いつつ、熱狂的アイドルファンを自認する小出祐介(Base Ball Bear)で、「2015年のアイドルシーンを振り返る」というものだった。

 さぞかし、盛り上がっているのだろうと思って読んでみたら、山里のテンションがあまりにも低いのだ。のっけから彼はこんなことを語りだす。

「じつは、今日、お2人に会うのが怖かったんですよ。俺、なに語ればいいんだろう、って」
「たぶん豪さんも序盤から気づいてると思うけど、『こいつ、すげー昔の話しかしないな』って」

 山里がアイドルに飽きているのではないかという疑惑は、かねてよりアイドルファンの間では囁かれていることではあったが、彼はここで遂にそれを認めてしまったのだ。かつては、あんなに熱くアイドルについて語っていたのに──。

 実際、語るのは2015年の話でなく、昔話ばかりだ。

「AKB48も『スッキリ!!』で取り上げてもらおうと思って、小さいニュース原稿を自分で書いたりしていましたね。当時はそれくらい熱があったんですよ。もうみんなにバレてるから『熱があった』って言っちゃうけど」
「もう一度、自分の中にあのときの熱が戻らないかな?って思いながら、今に至るんです」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

逆襲する山里亮太 これからのお笑いをリードする7人の男たち

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

山里亮太が“アイドルに飽きた”は本当だった! 吉田豪・小出祐介との鼎談で「あのときの熱はない」発言のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48ももいろクローバーZ新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
6 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
7 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
8 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
11 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
12 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
13 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
17 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
18 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
19 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
20 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画