>  >  > 宇多田ヒカルは日本の音楽をどう変えた?

宇多田ヒカルがNHK朝ドラでついに復帰! 1998年、15歳の宇多田は日本の音楽をどう変えたか? そしてこれから…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
utada_160128_top.jpg
宇野維正『1998年の宇多田ヒカル』(新潮社)

 2010年に「人間活動」のため長く音楽業界から離れていた宇多田ヒカルがついに帰ってくる。

 先日、4月から放送されるNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の主題歌を宇多田ヒカルが担当するとのニュースが報道された。この楽曲をもって、彼女は本格的な音楽活動を再開すると見られている。活動休止中もラジオ出演や、配信シングル「桜流し」の発表など断続的な活動はあったものの、本格的な活動は6年ぶりだ。

 長い間復活を待望されていた宇多田の新しい展開に音楽ファンから喜びの声があがる最中、偶然のタイミングで『1998年の宇多田ヒカル』(新潮社)という本が出版され、大きな話題を呼んでいる。著者は、「ROCKIN’ON JAPAN」(ロッキング・オン)、「MUSICA」(FACT)といった音楽雑誌編集部を経て、現在は映画・音楽ジャーナリストとして活動する宇野維正氏。宇野氏はこの本のなかで、宇多田ヒカルが音楽シーンに与えた影響、そして、彼女がシングル「Automatic/time will tell」でデビューした「1998年」という年はJ-POPにとってどれだけ特異な年であったかということを分析している。

 宇多田が世間に出た1998年、それは、我が国で最もCDが売れた年であった。この年のCDの総生産枚数は4億5717万3000枚、総売上金額は5878億7800万円にもおよんだ。2014年の総生産枚数は1億7038万3000枚、総売上金額は1840億8800万円にまでシュリンクしてしまっていることを考えると、どれだけこの年の音楽業界がビジネス的に大きな影響力をもっていたかということがよく分かるだろう。

 そんな年にデビューした宇多田は、翌年発売したアルバム『First Love』で国内外合わせると約1000万枚にもおよぶ、未来永劫破られることはないであろうセールスを記録したのはご存知の通り。ちなみに、14年のアルバム年間売り上げ1位は、AKB48『次の足跡』で104万枚、15年は嵐『Japonism』で98万枚。このデータからも、0の数がひとつ違う『First Love』がどれだけすごかったかがよく分かるだろう。

 このようにエポックメイキングな記録を打ち立てた宇多田ヒカルだが、彼女が音楽シーンに大きな影響を与えたのは、超人的な売り上げ枚数だけにとどまらない。彼女は音楽業界の構造をも変えてしまったのだ。

 そのひとつが、音楽制作におけるシステム上の変化だ。宇多田が登場する直前、ヒットチャートを席巻していたのは小室哲哉だった。この時代、小室を筆頭に、相川七瀬、ZARDなどを手がけた織田哲郎、SPEEDを手がけた伊秩弘将など、「プロデューサー」が音楽制作の軸となり、また、彼らのような人物が単なる裏方の音楽職人にとどまらず、メディアにも積極的に出る時代でもあった。

 それが、宇多田の登場を分水嶺に大きく変わる。小室は最近自分のキャリアを振り返る時にしばしば「宇多田ヒカルちゃんが僕を終わらせたって感じですね」と述懐しているが、まさに彼女の登場がこの「プロデューサー」ブームを終わらせる決定打となった。

この記事に関する本・雑誌

1998年の宇多田ヒカル (新潮新書)

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 ロンブー亮の芸能タブーツイートと松本
2 宮根誠司がアパホテルを擁護し中国攻撃
3 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
4 あの産経が「南京虐殺40万人」と報道
5 是枝監督「映画が日本に利用されてる」
6 片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
7 DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
8 キムタク最大のタブーとは?
9 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
10 アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
11 SMAP最後の日に中居と木村が
12 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
13 園子温がシンゴジラと君の名は。を罵倒
14 今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
15 グッディ!土田マジギレ真の原因
16 吹石一恵の音痴エピソード
17 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
18 北原みのり逮捕の原因は安倍批判?
19 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
20 嵐の元側近が明かすジャニーズの掟
PR
PR
1室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
2室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
3トランプのマスコミ排除は日本でも
5アパホテルのトンデモ極右思想の正体
6安倍政権が“国策映画”計画へ
7DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
8今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
9SUGIZOが難民問題で勇気ある発言
10メリルストリープの指摘は日本のことだ
11慰安婦少女像は反日の象徴ではなかった
12片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
13『日本会議の研究』出版禁止の不当性!
14アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
15宮根誠司がアパホテルを擁護し中国攻撃
16政権が原発被害隠しにDASH村利用
17佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
18保護なめんなジャンパーは氷山の一角
19安倍の慰安婦少女像への強行姿勢の裏
20是枝監督「映画が日本に利用されてる」
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」