メリー喜多川の「新潮」インタビューは嘘だらけ! 中居はジャニーズに飼い殺しされるより、もう一度独立に動け!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
shincho_160121_top.jpg
「週刊新潮」(新潮社)2016年1月28日号より

 SMAP解散危機報道で、改めて露わになった芸能マスコミの“ジャニーズ広報機関”ぶり。それはスポーツ紙、ワイドショーだけでなく、これまでジャニーズに批判的なスタンスをとっていたコワモテ週刊誌も同じだった。

 今日発売の「週刊新潮」(新潮社)に、騒動の元凶であるジャニーズ事務所・メリー喜多川副社長のインタビューが掲載され、ジャニーズ側の一方的な言い分が延々と垂れ流されていたのだ。「新潮」といえば、もともと飯島マネージャーサイドからの情報で、SMAP解散危機問題に火をつけた存在。それが、翌週、こんな形で手のひらを返すとは……。

 いや、「新潮」だけではない。同日発売の「週刊文春」(文藝春秋)も同様だった。1年前、メリー氏のブチ切れ発言を引き出した「文春」のこと、他では書けないメリー氏批判を展開してくれるんだろう、と期待していたら、誌面には、ジャニーズ事務所顧問で、近藤真彦・中森明菜の自殺未遂騒動の火消し役を果たしたあの小杉理宇造氏が登場。ジャニーズ視点で一連の騒動を解説したのだ。

「どちらも、ジャニーズサイドからアプローチがあったようです。あの事務所は普通、いちいちこういう釈明をしたりしないんですが、今回はファンから抗議が殺到していて、かなり焦っている。メリーさんやキムタクへの激しい非難ばかりのようです。それで、火消しのためにメリーさんと幹部を担ぎ出して、一番、悪口を書きそうな2つの週刊誌を抑え込んだということでしょう」(週刊誌記者)

 では、週刊誌が丸乗りしたジャニーズ側、とくにメリー喜多川副社長の言い分とはどういうものだったのか。

 まず、着目したいのが、メリー氏がこれまで本サイトなどが指摘してきた“真相”を裏付けるような発言をしていたことだ。

 たとえば、SMAP存続に向けて、誰がメリー氏を説得したのか、という問題。リテラは、スポーツ紙が喧伝していた「キムタクが説得した」という美談を否定。1月18日、生謝罪の直前に配信した「飯島マネージャーをひとり悪者にしてSMAP存続、独立撤回! 中居たちもキムタク同様、裏切り者になるのか」という記事の中で、「メリー氏を説得したのは田辺エージェンシーの田邊昭知社長だった」と、仲介者の実名を初めて明かしたが、メリー氏もインタビューの中でそのことを証言していた。

「昨年末、12月27日だったと思いますが、私の友人からの伝言で、田邊さんが、私に『4人を元に戻してくれないか』と言ってらっしゃるのを知りました」
「年明けの1月2日には、田邊さんに電話をかけ、改めて『お受けします』といいました」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

メリー喜多川の「新潮」インタビューは嘘だらけ! 中居はジャニーズに飼い殺しされるより、もう一度独立に動け!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ時田章広の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
2 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
3 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
4 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
10 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
11 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
12 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
13 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
14 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
17 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
15「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画