>  >  > 芸能人「よく言った!大賞」6〜10位

新年特別企画 芸能人「よく言った!大賞」(後編)6位〜10位

中居クン、土田晃之、蛭子さんも安倍政権や安保に異議! 炎上を恐れずよく言った!芸能人 6位〜10位発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
nagabuchinakaimiwa_01_160102.jpg
左・長渕剛 OFFICIAL WEBSITEより/右・美輪明宏公式サイトより


 ちょっとでも政治的な発言をしようものならすぐに炎上、ネトウヨから総攻撃を受ける状況で、安倍政権や安保法制、憲法について毅然と発言をした芸能人にリテラが勝手に贈る「炎上を恐れず、よく言った!大賞」。昨日は大賞と2位〜5位を発表したが、勇気あるタレント、芸人、アーティストはまだまだいる。後編は6位〜10位を一気に発表しよう!

★6位 中居正広 “対案厨”松本人志の安保法制賛成論にも怯まず平和主義を擁護! 本質を抉りだすその「無知の知」

 実はSMAPの中居正広も、安保法制論議に参戦し、リベラルな姿勢を表明したひとりだ。
 現役トップアイドルが政治的発言をしたというだけでも驚きだが、リテラが中居クンに感心したのは、あの松本人志に対して毅然と自分の姿勢を貫いたことだ。
 8月9日、松本がホストを務める『ワイドナショー』(フジテレビ系)に中居クンが出演した時のこと。若者たちのデモに関する話題になった時、松本はもちろん、石原良純、東野幸司ら中居クン以外の出演者が全員、デモに否定的な姿勢をとったのだが、中居クンは敢然とこう反論したのだ。
「若い子が声をあげるのは、ぼくはいいことだと思う」
「ぼくがうれしかったのが、『あ、関心をもってるんだ!』って。ね。なーんか動かなければ、これ通ってしまうぞっていうような意識をもっていることは、すごくいいことだなって思います」
 すると、松本人志が「安倍さんがやろうとしていることに対して『反対だ!』っていう意見って、意見じゃないじゃない。対案が出てこない」「このままでいいと思っているとしたら、完全に平和ボケですよね」「憲法9条ではなめられる」と、中国脅威論に踊らされているだけの対案厨の典型的意見を口にして、それを封じ込めようとする。
 今のテレビ界で大きな力を持っている松本にこう言われたら腰砕けになるところ、実際、周りの出演者は松本の意見にただうなずくだけだった。
 が、中居は、ソフトな口調ながら毅然と、松本に日本国憲法の意義を説いたのだった。
「でもね、やっぱり松本さん、この70年間やっぱり、日本人って戦地で死んでいないんですよ。これやっぱり、すごいことだと思うんですよ」
 実は中居は以前もこの番組で、物議をかもす発言をしたことがある。
 日韓関係がテーマになった時、「謝るところは謝ればいいんじゃないですか?」とシンプルな正論をはいたのだ。
 これに対して、松本や東野は炎上を恐れ“中居は空気を読めていない”といわんばかりに露骨な苦笑いを浮かべるばかりだったが、中居は「違うの?」「謝ったら負けとかそういうレベルなんすか?」と引き下がらなかった。
 中居はこの時、ネットで「バカ丸出し」「あっさい知識で語るなよ」と大炎上したが、「あっさい」のは松本やネットの対案厨の方である。
 中居は彼らと違って、バカにされることを恐れない。むしろ、あえて子供のようにシンプルな、でも本質的な疑問を投げかけることで、頭よさげにみえる意見が実は何かに踊らされ、欺瞞に満ちていることを抉り出す。いわば、中居は“無知の知”というものを自覚的に演じているのだ。
 実際、今回の発言にかぎらず、中居がMCとして高い評価を集めているのは、バックボーンにこの“無知の知”があるからではないか。リテラとしては、ぜひこういう人物に『報道ステーション』をやってほしいのだが……。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
2 是枝監督「映画が日本に利用されてる」
3 読売・清水アナが維新から市長選出馬?
4 片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
5 DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
6 アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
7 空中分解KAT-TUNの暴露本が出版
8 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
9 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
10 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
11 吹石一恵の音痴エピソード
12 キムタク最大のタブーとは?
13 川島なお美が近藤誠の診断を告発
14 公安庁が沖縄めぐりネトウヨ並み報告書
15 北原みのり逮捕の原因は安倍批判?
16 佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
17 嵐の元側近が明かすジャニーズの掟
18 トランプ以前から米は日本を守る気ない
19 翼がSMAP解散でメリーと滝沢を批判
20 保護なめんなジャンパーは氷山の一角
PR
PR
1室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
2黒柳徹子が琉球新報に平和メッセージ
3室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
4トランプのマスコミ排除は日本でも
6アパホテルのトンデモ極右思想の正体
7デマ垂れ流し『ニュース女子』とDHC
8原発ムラが新潟県知事にネガキャン!
9安倍政権が“国策映画”計画へ
10今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
11SUGIZOが難民問題で勇気ある発言
12DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
13メリルストリープの指摘は日本のことだ
14慰安婦少女像は反日の象徴ではなかった
15『日本会議の研究』出版禁止の不当性!
16アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
17政権が原発被害隠しにDASH村利用
18佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
19片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
20安倍の慰安婦少女像への強行姿勢の裏
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」