年末特別企画 リテラの2015年振り返り

嵐・大野が関ジャニ・横山がジャニーさんが…マスコミが報じなかったジャニーズ10大事件簿(前編)10〜6位

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
oonookada_151231.jpg
2015年ジャニーズ事件簿をそうまくり!


 年末年始、やっぱりテレビを点ければ、今年もジャニーズだらけだった。

『NHK紅白歌合戦』では、史上最多の7組のジャニタレが出演。日本テレビ系では、近年の恒例となっている『元日はTOKIO×嵐』、フジテレビ系は『堂本兄弟2016あけましておめでとうSP』、独自路線を進むことでおなじみのテレビ東京系でさえも『新春時代劇 信長燃ゆ』(東山紀之主演、Hey!Say!JUMP中島裕翔、ジャニーズWESST神山智洋が出演)と、ジャニーズアイドルの出演番組が目白押し。さらには、テレビ情報番組の年末年始特大号のほとんどを嵐が表紙を飾っている。

「とくに今年は各テレビ局、みんなジャニタレが持つ「数字」を手に入れるべく、ブッキングに必死だったようです。やっぱり年々、売れるコンテンツが少なくなっていますからね。以前に増してジャニーズの影響力が大きくなっているということでしょう」(テレビ局関係者)

 そして、この影響力と反比例するように、どんどん扱いが小さくなっていっているのが、ジャニーズアイドルたちのゴシップ報道だ。「週刊文春」(文藝春秋)「フライデー」(講談社)などごく一部週刊誌がスクープするものの、それを後追いするメディアは皆無である。

 そこで今回は年末企画として、「マスコミが報道しないジャニーズ事件簿ベスト10」を選んでみた。まずは10位から6位を「お届けしよう!


★第10位 ジャニーさん元旦にラジオ出演で衝撃発言! タレントを「you」と呼ぶ意外すぎる理由

 表舞台には出ないという信条を持つ、ジャニー喜多川社長。自身が、「チャート1位を獲得した歌手を最も多くプロデュースした人物」として、ギネス世界記録に認定された際も、帽子を被ったサングラス姿をマスコミ向けに発表したのみで、もはや存在自体が都市伝説となっていた。

 そんなジャニー氏が、2015年の元旦に放送された『蜷川幸雄のクロスオーバートーク』(NHKラジオ第1)に出演。83歳(当時)とは思えぬハツラツとした口調で、旧知の仲である蜷川氏相手に、ぶっちゃけトークを展開したのだ。

 たとえば、「ジャニーさんはさぁ、タレントのことYouって呼ぶでしょ? あれには自覚的な選択があるの?」と蜷川氏から誰もが気になっているであろう疑問をぶつけられると、「Youしか覚えられない」、つまりタレントの名前を覚えられないから使っていると意外すぎる真相を明かした。さらに最近の男の子は「同じ髪型をしている」と没個性を嘆き、「坊主にしちゃえよ」と呼びかける場面も。ジャニーズ帝国を支える独自の審美眼で知られるジャニーさんだが、お正月早々その特異なキャラが発揮された。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

嵐・大野が関ジャニ・横山がジャニーさんが…マスコミが報じなかったジャニーズ10大事件簿(前編)10〜6位のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
3 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
6 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
7 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 麻生太郎が愛人の店に2360万円
10 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
11 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
12 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
13 財務次官セクハラが海外メディアでも
14 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
15 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
16 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
18 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
17自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!