嵐・二宮が吉原で…ビートたけしと共演で話題のドラマ『赤めだか』 立川談志と談春の破天荒ぶりがスゴい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
akamedaka_01_151228.jpg
TBS番組サイト「年末ドラマスペシャル『赤めだか』より


「時代が古典(落語)に合わなくなっていて、“天才”から“奇才”になってた。ものすごい人なのに、“立川談志をやらせてくれる時代”じゃなかった」

 訃報に際し、ビートたけしが思わず故人の悔しさを代弁したのが、落語界の異端児と称された立川談志である。亡くなってから4年が過ぎた今でも、名演を収めたDVDが次々と発売されて、ストイックなまでに落語に向き合い、古典落語に新たな価値を付け新しいものに作り上げた姿勢が改めて評価されている。

 本日12月28日には、弟子から見た談志の素顔を描いたドラマ『赤めだか』(TBS系)が放送される。談志をたけし、弟子の談春を嵐の二宮和也が演じる豪華なキャスティングでも話題を集めている。しかしやはり驚くべきは、談志の破天荒なエピソードの数々だろう。一般的に知られている談志のエピソードといえば、参議院選に当選し、沖縄開発政務次官となった1975年に2日酔いのまま記者会見に臨んだことや、落語協会脱退騒動が記憶に残っている人も多いはず。しかし、ドラマの原作である立川談春のエッセイ集『赤めだか』(扶桑社)には、己の信念を貫く厳しさを持ちつつ、人間味があり、時にお茶目という、談志の素顔が浮かび上がってくる。

 例えば、当時高校生だった談春が弟子入りを志願し、初めて談志の自宅に行った時のこと。落語家になることを両親に反対された談春は、住み込みで新聞配達をしながら談志の家に通う覚悟を伝えると、その心意気に談志は感動。その場で「カレーの作り方を教えてやろう」とキッチンに連れていかれる。

 残り物のシチューをカレーに作り変えるのだが、談志はスパイスのほかに、冷蔵庫にあったチーズケーキ、納豆のタレ、ソース、黒豆のつゆ、オイスターソースなどを次々と放り込む。出来上がったカレーを恐る恐る食べると、意外にも美味。すると談志は、「カレーってのはそういうもんだ。(略)下らねェ海老だの肉だのいれることァねェんだ。坊や、よく覚えとけ、世の中のもの全て人間が作ったんだ。人間が作った世の中、人間にこわせないものはないんだ」と諭す。カレーを作る際に、無意識に型どおりの手順・材料を使う人が多い中、奇才は何気ない行動に疑問を持ち、「自分」を入れることを惜しまない。これが談志の日常なのである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

嵐・二宮が吉原で…ビートたけしと共演で話題のドラマ『赤めだか』 立川談志と談春の破天荒ぶりがスゴい!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ビートたけし江崎理生の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
12 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
17 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
18 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
19 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画