懲戒請求の大渕愛子弁護士だけじゃない! 『行列のできる法律相談所』弁護士たちのカネと権力体質

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
oobuchi_151224_thumb.jpg
大渕愛子オフィシャルブログより


『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演している“美人弁護士”大渕愛子氏が、懲戒請求を受け、東京弁護士会が審査しているという。

 大渕氏は、DVを理由に幼子を連れて離婚したAさんから元夫との示談交渉を依頼されていた。Aさんは生活苦から弁護士費用を日本司法支援センター(通称、法テラス)の費用立替制度を使ったが、大渕氏は、法テラスによる立替分とは別途、着手金7万3500円と毎月の顧問料を取り立てていた。法テラスの立替制度では、これは認められていない行為。大渕氏はAさんから返金を求められたが拒否した(のちに東京弁護士会の副会長が大渕氏に促して全額返金)。

 これ以前にも、大渕氏は、依頼者から弁護士費用を支払ったにもかかわらず訴訟が提起されなかったなどとして、損害賠償と慰謝料支払いを求める裁判を起こされるなどトラブルが絶えず、昨年9月には2名の元依頼者が「被害者の会」を結成していた。

 こうしたトラブルについて、大渕氏は世間に広く説明する義務があるだろう。法のもと、依頼者の利益を守るのが弁護士の本分であるはずだ。事実だとすれば“弁護士失格”の誹りは免れまい。そして、こうした人間を“最強弁護士軍団”などといって世間に広めた『行列のできる法律相談所』の社会的責任も問われるところだろう。

 だが、『行列〜』に出演する弁護士は、この大渕氏以外にも、不祥事を起こしたり、雑誌にスキャンダルを書き立てられた者が多い。

 たとえば、のちに自民党の参議院議員になった丸山和也弁護士も、『行列〜』出演時には週刊誌に相談女性へのセクハラ騒動を書き立てられたり元愛人女性から「独身だと嘘をついた」などと告発されたり、下世話な話を挙げて行けばきりがない。カネがらみでも、2002年、丸山氏が化学薬品メーカーの国際仲裁事件を担当した際、共に事件を担当したオーストラリア人弁護士から、約束した報酬の半分しか受け取っていないとして提訴された。08年、東京地裁は丸山に対し報酬の残額1000万円の支払い命令を出し、丸山氏は敗訴している。

 ただ、『行列〜』弁護士がもっと問題なのは、政界志向、権力との癒着体質をもっている弁護士が多いことだろう。テレビを使って知名度を上げ政界に進出した橋下徹前大阪市長、自民党の丸山和也参議院議員はもちろんだが、現在でもレギュラーを務める“法廷に笑顔はいらぬ、冷静沈着”こと北村晴男弁護士は、政治臭の強い人物だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

懲戒請求の大渕愛子弁護士だけじゃない! 『行列のできる法律相談所』弁護士たちのカネと権力体質のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。日本テレビ編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
6 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
7 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
8 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
9 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
10 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
15 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
16 葵つかさが引退宣言?松潤のせい?
17 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
18 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
19 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
20 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
20 財務次官セクハラが海外メディアでも