AV誕生から35年──カンパニー松尾&バクシーシ山下、2人のレジェンド監督が語るAV業界の変遷とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
playboy_01_151128.jpg
「週刊プレイボーイ」(集英社)15年11月30日号

 来年2016年は、1981年に日本最初のAVと言われる『ビニ本の女・秘奥覗き』・『OLワレメ白書・熟した秘園』が発売されてから35年目を迎える年となる。それを記念して、各メーカーでは昔の作品が復刻されたりと、早くも今年から様々な事業が行われている。

 そんな状況を受けて、「週刊プレイボーイ」(集英社)では、カルト映画化した『劇場版 テレクラキャノンボール2013』でもおなじみの二人のベテランAV監督による「カンパニー松尾とバクシーシ山下のAV史講義 1981-2016」という不定期連載が2015年の9月7日号から11月30日号にわたって連載されていた。この「AV史講義」は、先日全9回で終了。80年代から人気AV監督として第一線で見てきた彼らの目に、AV業界はどう映ってきたのか?

 アダルトビデオ35年の歴史。それは、AV業界が健全化をたどった歴史でもあると言う。かつてのAV業界はいかにムチャクチャだったか、カンパニー松尾は新人監督時代の思い出を語る。

 カンパニー松尾が童貞を喪失した相手は、彼の初監督作品に出演していたAV女優の亜里沙であるというのはファンにはよく知られた話。しかし、彼女とカンパニー松尾が関係をもった後日談にはこんなエピソードがあったという。二人が関係をもった後、松尾が亜里沙をキャスティングして撮影に入った時の話である。

〈松尾 亜里沙って実は爆弾で。白夜書房で編集者やってたアナル市原さんに男優役を頼んだんです。男優兼雑誌の取材という形で。そこで市原さんに「俺、亜里沙のことが好きで……」って打ち明けたら、「亜里沙はみんなとヤッとるでぇ」と(笑)。
(中略)
 ダイレクトに言うと市原さんと亜里沙が付き合ってたんですよ。で、「なんや、兄弟やんけ」って関西弁で明るく言われて。(中略)まあ初監督作でAV業界の洗礼を受けたって話です(笑)〉(10月12日号より)

 このような現象は松尾のまわりだけで起きていたわけではない。かつては業界全体にこのような傾向があったという。

〈山下 昔はそれこそ隙あらば女優口説くのが普通で。誰が女優を自宅へ送るかって競争があったじゃん?
 松尾 家の前で突然、腹を壊すスタッフ続出で。
 山下 トイレ借りるフリして部屋に上がり込んでね(笑)〉(11月9日号より)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

封印されたアダルトビデオ

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

AV誕生から35年──カンパニー松尾&バクシーシ山下、2人のレジェンド監督が語るAV業界の変遷とはのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。田中 教裏側の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
9 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
10 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
12 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
17 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
18 原発広告に文化人や芸能人が
19 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
20 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画