なぜ近藤真彦が紅白に出場? ジャニーズゴリ押しの裏にメリー喜多川の異常なマッチ愛が…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kondo_151126_top.jpg
メリー喜多川副社長の愛を一身に受けて19年ぶりの紅白出場を果たす近藤真彦。大晦日、マッチは我々にどんなステージを見せてくれるのだろうか?

 先ほど、『第66回NHK紅白歌合戦』の出場者が発表された。乃木坂46、星野源、大原櫻子ら初出場組や、X JAPANの18年ぶりの紅白復帰が話題となる一方、そのラインナップを見て、ジャニーズ事務所の紅白独占っぷりが指摘されている。

 今回出場が決まったジャニーズ関連の歌手は、嵐、関ジャニ∞、近藤真彦、SMAP、TOKIO、Sexy Zone、V6。白組出演者26組のうち7組もジャニーズが占める異常事態となっている。しかも、司会は井ノ原快彦である。

 井ノ原は『あさイチ』での活躍があるからまだ分かるとして、いちばん解せないのは近藤真彦の存在だ。19年ぶりに紅白出場を果たす近藤真彦は、今年歌手活動35周年を迎えている。この紅白がその35周年イヤーの締めくくりとなるのだが、それにしても、なぜマッチが紅白に?

 実は、この1年の壮絶なマッチ推しは紅白出場だけにとどまらない。昨年末の『2014FNS歌謡祭』(フジテレビ系)や、年末恒例のカウントダウンコンサート『Johnnys' Countdown 2014-2015』では、他のジャニーズタレントを単なる「盛り上げ要員」として扱うような近藤真彦メインの演出がなされ、多くのファンが当惑した。

 こうしたマッチ売り込みの陣頭指揮を取っていたのが、ジャニーズ事務所副社長のメリー喜多川氏だ。ことあるごとに「マッチ35周年の特別企画」を現場に押しつけていたようで、テレビ各局もジャニーズの女帝には逆らえず、頭を抱えていたという。紅白復帰は、いわばゴリ押しの集大成というわけだ。

「総合司会にマッチと仲のいい黒柳徹子が選ばれましたが、これはマッチの復帰とセットで、メリーさんが仕掛けたんじゃないかといわれています。総合司会をタモリに断られて困っていたNHKとしては渡りに船だったということでしょう」(テレビ局関係者)

 いくら35周年とはいえ昨今目立った活動もないマッチが、なぜここまでゴリ推しされているのか? その裏には、メリー喜多川副社長のマッチへの深すぎる愛が関係している。当サイトでは、メリー氏の愛がどれほど尋常ならざるものなのか、切り込んだ記事を掲載したことがある。ここに再録するので、是非とも読んでみてほしい。
(編集部)

********************

 50余年にわたりジャニーズ帝国を支えてきた、“女帝”メリー喜多川副社長の独占インタビューを掲載した「週刊文春」(文藝春秋)1月29日号の記事が波紋を広げている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

なぜ近藤真彦が紅白に出場? ジャニーズゴリ押しの裏にメリー喜多川の異常なマッチ愛が…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ江崎理生編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
6 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
7 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
8 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
11 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
12 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
13 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
17 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
18 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
19 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
20 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画