「春画」はわいせつではない! ろくでなし子、鹿島茂から、小林節までが「春画」取締まりの動きに異議!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
post_151023_top.jpg
「週刊ポスト」(小学館)2015年10月30日号

 当サイトでも継続的に報じているが、永青文庫で行われている日本初の春画展に端を発し巻き起こった春画ブームに激震が走っている。10月8日には、「週刊文春」(文藝春秋)の編集長が「編集上の配慮を欠いた点があり、読者の皆様の信頼を裏切ることになった」として休養処分を受けたことが報じられ、さらに、19日には、「週刊ポスト」(小学館)、「週刊現代」(講談社)、「週刊大衆」(双葉社)、「週刊アサヒ芸能」(徳間書店)の4誌がわいせつ図画頒布罪にからみ警視庁から注意を受けていた事実も明るみとなった。

 春画展は入場規制も行われるほど人気を博し、そのなかには女性の来場者も多数含まれている。イギリス・フランス・イタリア・ベルギーなど、これまでも春画の展覧会を行ってきたヨーロッパ諸国から遅れながらも、ようやく日本でも春画が「ポルノグラフィー」扱いから「芸術」として認められようとしている最中に起きた規制の波。早くから春画を誌面に取り上げ、今回の騒動の渦中にもいる「週刊ポスト」は、2015年10月30日号にて「春画は「わいせつ物」か 世界に誇るべき「日本の文化」か」という特集を展開。学者やアーティストなど、識者からの声を紹介し、春画が再び「わいせつ物」扱いされた今回の騒動に一石を投じている。

 まず、フランス文学者の鹿島茂氏は「「作家性」の有無」という観点から春画は、わいせつ物ではないと主張する。

〈芸術とわいせつの線引きは難しいが、要するに作家表現が入ってるかどうかではないか。過去のものに関しては単なるわいせつ物だったら時代の波に洗われて、消えてしまっているはずです。春画が残ったということは、そこにやはり作家表現が確固としてあって、それがわいせつかどうかを超えて我々の目に届くのだと思います〉

 雑誌に掲載されたり、春画展で展示されている春画のなかには、葛飾北斎や喜多川歌麿など、世界的にも評価されている浮世絵師の筆による作品が多数含まれている。もちろん、春画にも彼らの卓越した技術がふんだんに投入されており、美術史の観点からもそれらは大変貴重なものだ。そのことを忘れてはならない。

 また、自分の女性器の3Dデータを配布したとして逮捕されたことでも話題となった、アーティストのろくでなし子氏は、「笑絵」と呼ばれることもある「春画」の本質を突き、今回の件に異議を申し立てる。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

週刊ポスト 2015年 10/30 号 [雑誌]

  • amazonの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

「春画」はわいせつではない! ろくでなし子、鹿島茂から、小林節までが「春画」取締まりの動きに異議!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ろくでなし子田中 教美術館の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 横浜市長選で問われる第二の家計問題
2 安倍首相の体調悪化は本当なのか?
3 山本地方創生相の加計問題デタラメ発言
4 田崎史郎に自民党が政党交付金から金
5 秋元康がまた女性蔑視!町山も激怒
6 ネトウヨ絶賛の加戸前知事証言はインチキ
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
9 フジ特番が触れなかった津山事件の真相
10 中居ジャニーズ残留とキスマイ
11 ネトウヨの泉放送制作デマを検証する!
12 稲田のウソは日報隠蔽だけじゃない!
13 自民党HIPHOPポスターに怒りの声
14 松本人志「安倍擁護じゃない」どの口が
15 青山繁晴が前川氏に論破されてボロボロ
16 葵つかさが引退宣言?松潤のせい?
17 前次官会見で田崎スシローが失笑発言
18 稲田がまた…安倍のともちんラブを検証
19 日野原重明氏安倍の改憲に反対を表明
20 産経が「ユダヤ」に全面降伏した理由
PR
PR 飲むだけで白髪改善と髪のボリュームを取り戻せる!?
1安倍訪問中止の意図を予定国大使館がRT
2青山繁晴が前川氏に論破されてボロボロ
3沖縄いじめの一方、AKB総選挙に国費
4自民党HIPHOPポスターに怒りの声
5閉会中審査で自民党が前川から返り討ち
6室井佑月と小林節が「まずは民進党を…」
7青山繁晴が教祖化、伝説とアート
8室井佑月と小林節が安倍改憲案を批判
9日野原重明氏安倍の改憲に反対を表明
10山本地方創生相の加計問題デタラメ発言
11坂本龍一、内田樹、久米宏が改憲批判
12松本人志「安倍擁護じゃない」どの口が
13ネトウヨ絶賛の加戸前知事証言はインチキ
14稲田のウソは日報隠蔽だけじゃない!
15稲田朋美が「普天間返還なし」
16安倍が「男たちの悪巧み」仲間を参与に
17山本地方創生相がお友だちの強制調査に
18松尾と鴻上が芸能人と政治的発言に意見
19横浜市長選で問われる第二の家計問題
20共謀罪施行、始まっている警察の監視体制
PR
PR 飲むだけで女性のカラダの悩みを解消!?

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」